馬車道の「横浜第二合同庁舎 喫茶室」でプリン

合同庁舎の1階に入る喫茶室。

今や官庁街でも貴重になってしまった、コッテコテのオヤジ喫茶が現役でした。

ベッタベタに垢抜けないメニュー構成。

厨房にはそれらしいシュッとしたマスターとお母さん。

そして客席にはむせ返るほどのオヤジたち・・・

このまま切り取って県立博物館へ運び込みたくなるような、昭和な風景です。

自家製プリンは意外と甘さ控えめなあっさり仕上げ。

これは高血圧なオジサン達の健康を気遣っているのでしょうかね?

いやいや、この場でプリンを頼まなきゃ気がすまないようなメタボ志向ならば、きっと存分な甘味を求めることでしょう。

奥のチョコパフェは、バニラアイスにホイップ、缶詰、チョコソースでこってり仕上げたもの。

実際に食べなくても、見ただけで、口内にお味を完全再現できるような王道の昭和スタイルです。

レクタン大