馬車道の「ラ・フィーリア・デル・プレジデンテ」でアンティキ・サポーリ

スポンサーリンク

リッチモンドホテル脇の路地にある本格ナポリピザのお店。

この日、通りがかったのは、夜の営業が始まってすぐのタイミング。

店内が空いていたのでスルっと入ってしまったら、実は予約でいっぱいですという状況だったらしく、おみそれしましたよ。

店の兄貴もちょい強面な対応だから、ウッとなりましたが、それでも予約時間までならOKということで、サクッとお食事になりました。

ちなみに、デブってば、食べるのめっちゃ早いのよ。皿が置かれたと思ったら、え?もう無くなっちゃった?というようなテンポだからさ。

優雅にお食事してる他所様の卓に比べ、明らかに進行が早ぇのを、いつも恥ずかしく感じてるんですよ。赤面しているのは単に高血圧だからじゃないんです。

その後、店内はあっという間にお客さんで埋まってしまいました。しかも、女子ばっかしでさ、すげーよね。人気は確かに続いているようですよ。

さて、まずはオススメの生ハムたっぷり!!贅沢サラダで、泡を干します。いや、嘘でした。実際は舐めるようにちびちびとしか飲めません。すぐに酔っ払っちゃうからね!

サラダはすげーボリュームですな。ただ、葉っぱのかさなので、たっぷり2人前って感じかな。生ハムが旨いですね。

これもオススメマークが付いていたカリフラワーのアンチョビソース。

アンチョビソースのしょっぱ香ばしさとカリフラワーのほっこりな甘さ。

お目当てのピザはナポリの伝統ピザというアンティキ・サポーリ。具はルッコラ、チャリートマト、イタリア産ハム、燻製モッツァレラ。

やっぱし、ここのピザは文句なく旨いですね。モッチリな生地と焦げの香ばしさ。気を抜くといくらでも食えちゃいそうでヤバイのです。

こちらはおつまみの調理もしっかりしていますが、どっちかつーと、黙ってピザを食え!というピッツェリア根性を感じるお店です。だから、シンプルなピザのランチでも十分堪能できちゃうの。

でも、揚げピザはランチにラインナップされていないから、夜に来て、食べてみたかったのよ。今回、オーダーしたのはピッツァ・フリッタ。横浜にも本格ピザのお店が増えてきましたが、これが食べられるのは珍しいよね。

ピザを2つ折りにして、油で・・・って、こんなデカイのか! 普通サイズより大きく伸ばした生地を使っているらしく、お皿いっぱいの大ボリュームでびっくりしました。いったい、どんな鍋で揚げてるんだ?

生地は薄く、焼きとはまた違ったウェットなもっちり感。中身はリコッタ、燻製モッツァレラ、ハムにたっぷりの黒胡椒で、日本のカルボナーラのようなイメージですね。こりゃあ、太るぜぇ!

ホントはもう一枚くらいピザ食べたかったんだけど、さすがに自重したわ。んで、ロイホでパンケーキ食った。・・・自重殺し!

コメント一覧

  1. ここ美味しいですよね。文句はないです。
    ピッツァ、フリッタの後にパンケーキですか。
    まだまだ健啖家ですね。

  2. >つちころりさん
    いやぁ、腹パンパンになりましたよ。パンケーキだけに!!

タイトルとURLをコピーしました