関内の「相州そば」で相州セット

ベイスターズ通りにある立ち食いそば店。

ご存知のように、
相鉄の駅に出ているチェーン店なんだけど、
本店は何故か相鉄の来てない関内にあるんだな。

検索したら、本店&工場って書いてあるんだけどマジかよ。

お店はごくごく普通の薄暗い立食い店だったので、
この古いビルの階上で製麺してるってことなのかな?

この日は休日の、しかも昼時外れだったので、お店は貸し切りでした。

天ぷらは揚げ置きでシナシナ。
メニューも含め、特筆すべきものは見当たりません。

でも、カレーが更においしくなったという
張り紙にまんまと釣られてしまった次第。

しかも日替わりのミニ丼セットが、
ちょうどカツカレーだったのね!

これはまさに運命としか言えない出会いだよ!

カレーはまごうことなくカレーそのものの味で、
リニューアルやバージョンアップの痕跡は全く見つけられませんが、
まぁ、オジサンのカレー食いたい欲は満たしてくれるものであります。

カツは冷めてます。

蕎麦はむっちりとした歯ざわりで柔め。
つゆは普通な感じだけど後切れはスッキリ。

繁く回転しているときは別なのかもしれませんが、
活気のない立食い蕎麦屋は、出てくるものも物寂しいもんだな。

レクタン大

コメント

  1. 匿名 より:

    ビルの上階は事務所で建設会社等が入っています。
    工場ではありません。

    相州はおいしくありません。
    立地がいいので続いてるだけです。
    同じ関内なら弁天通の大門が個人的には好きです。

    ちなみに相州の向かい側にゆで太郎?がオープンするようです。

  2. 管理人 より:

    >匿名さん
    なるほどなるほど。
    ゆで太郎は武闘派だなぁ!