関内の「ビストロ ソウルキッチン」でカサゴのアクアパッツァ

「ホテル ウィングインターナショナル」の裏手にあるキッチン。

通りに出ていた看板が、ずっと気になっていたんだよ。

駅前の一等地といえば一等地。
しかし、ここまで目立たないお店も珍しいよね?

いつ頃からやっているのかは分からないんだけど、
中はそれなりにくたびれているので、新しくはないんだと思う。

いやぁ、全然気が付かなかったわ。

マダムが一人で切り盛りされている様子で、
通し営業なのか、けっこう遅いランチも受け入れてくれたよ。

黒板には10種類くらいのお料理が並んでいて、
ちょっと面白い感じです。

サラダは葉っぱとヨーグルトディップ。
オリーブオイルのかかったパンが添えてあります。

店内はかっこいい音楽がかかり、
ピチっと管理されてるというより、やや雑然とした部分も見えます。

お野菜と一緒にクタクタに込んだアクアパッツアです。
カサゴは隠れて見えませんが半身の切り身、あさりは小粒です。

添えられたお米は月次な炊き込みでは無く、
ちゃんと粒を感じるそれっぽい仕上がり。

お料理自体は家庭の延長ではありますが、
いいとこの奥方が凝って作りそうな、
海外在住アーティストが現地で自炊するような風合いです。

デザートはオプション。
栗のタルトを選びました。

クリームチーズをかぶせたさっぱり味で、
甘さを控えて、栗の素朴な風味を味わえます。

一風変わったお店で、気になりますね。