関内の「吉田飯店」でタンメン、餃子

東京ガス裏手の蓬莱町にある中華店。

関内店てあるけど、東神奈川の同名店の系列なのかな??

よく通る道なので、お店自体は知ってたんだけどさ。
この辺ではそこら中に転がっているような、
出来ては消え、また出来ては消える系の安中華っぽいじゃん。
アリーマさんがちょいちょい薦めくださるので、どんなもんじゃと。

お店はうれしい通し営業。
昼間から軽く呑んだくれたオヤジが見物可能です。

店内は小汚くうらぶれた雰囲気で、
チャイナな店員の対応は超ざっくり。

言葉が喋れないのはしょうがないけどさ、
あらぬ方向を向きながら、水とか丼とかを、
バスンッて置くのは勘弁してくれ!

メニューは中国人中華系のラインナップ。
でも、看板ではたんめん餃子を推してて、ちょっと変だよね。

麺飯は相場値くらいで、お料理は総じて安い、
手軽な定食が終日いただけるのがイイな。

バスン!

タンメン、デッカいな!!
洗面器のような器でやってきたぞ!
しかも、海王って書いてある丼で。

豚はヘラヘラだけど
白菜の芯やもやしを使った炒めの具合は悪くない。

ツルピロな平打麺で、スープはさっぱりな塩味。

ベースがベースなので、あるレベル以上には行きようがないんだけど、
それでも、これはこれでアリな一杯。

少なくとも損したとは思わない。

タンメン食べ終わる頃に餃子が、やはりバスンッと到着。

皮は薄く、やや硬いんだけど、パリっと焼かれてるよ。
餡は下味がしっかりついてる系で、お酢だけでも十分食える感じ。

このへんは中国中華ぽいよな。

ランチはいろんな競合もあるし、正直わざわざ目指す感じでもない。
むしろ、このお店の安くてそこそこ旨いという真価が発揮されるのは夜だと思うよ。

ビールとつまみと、締めに麺飯てな、気さく半飲み使いに良さそうよ。

レクタン大

コメント

  1. より:

    そうなんですよねぇ。この店店員がアレなんですよ。全員じゃないんですけどね。

  2. アリーマ より:

    この店の真価が発揮される時。
    それは「ハマスタの帰り」です。

    確かにこうして考えてみると、わざわざ出かけることはないかも・・・ゴメン。
    でも、夜にサクッと食事ができる店としては貴重なんですよね~。

    ちなみにここの冷やし中華と焼きそばもマアマアです。
    でも一品料理系は避けるのが無難・・・。

  3. 管理人 より:

    >☆さん
    場所や値段を考えると、あんま気になんないけどね。

  4. 管理人 より:

    >アリーマさん
    ハマスタで傷を負ったやけっぱちにはちょうどいいかもしれませんね。
    関内周辺でもちょっと遅くなるととたんに夕食の選択肢が減りますもんね。

  5. キノイ より:

    吉田飯店は環状4号線沿い、電車でいうと相鉄線ゆめが丘駅の近くにもあります。
    系列店なのでしょうか。
    吉田飯店焼きそばという店名を冠したメニューはお勧めできますよ。

  6. めめ より:

    関内の夜遅い時間の食事だったらストームズバーはいかがでしょうか。
    以前よりメニューが減りましたが、前菜っぽいものかサラダにパスタかピザでお腹がいっぱいになると思います。
    入ったことはないのですが、隣の実家も遅くまで開いているみたいですよ。
    主人は伊勢佐木長者町駅側の和香佐が好きみたいです。

  7. 管理人 より:

    >キノイさん
    意外に勢力伸ばしてるんですね。
    吉田焼きそばは、福建的な汁っけのあるヤツなんでしょうかね?
    なんかちょっとウマそう。

  8. 管理人 より:

    >めめさん
    なかなかマニアックな立地ですよね。
    個人的にはバーってついちゃうとどうも敬遠しがちなんだよなぁ。
    下戸の私はランチに寄ってみようとおもいます。

  9. めめ より:

    昼過ぎに吉田飯店に女性を含む職場仲間らしいグループが入って行くのを見掛けました。店内も賑わっているようで、立地に恵まれている訳では無いのに結構人気店なのですね。
    ストームズバーの平日のランチは定食になってからわざわざ食べに行きたい感じではなくなりましたが、日曜日の昼頃から夕方までカフェタイム?営業しているようなので、そちらの方が良いかもしれません。
    実家のスンドゥブランチを食べてみたいのですが、一人で入る勇気がなくて^^;家族が食べ付けないものや知らないお店に入るのを嫌がるタイプで、誰も付き合ってくれないのですよね。

  10. 管理人 より:

    >めめさん
    味に保守的な家族・・・
    分かります、分かります、エスニックは絶望的なんですよね。