関内の「ヌーベルシノワ醐杜羽」で鮪頬肉の油淋ソース

TVKの斜向いにある中華料理店。

評判の良かったお店ですが、こっちに移ってからはずっと行く機会がなかったんだわ。

お店はビルの二階にあります。

料理店というよりはラウンジみたいな夜の雰囲気で、ややくたびれも見えはじめました。

ランチのセットは定番の麻婆豆腐や坦々麺の他、週替りのお料理定食が面白いです。

鮪頬肉の油淋ソース。

頬肉はふんわり揚がっておいしいです。
ただ、お昼の定食として並んでみるとやや淋しげなルックスです。

通常は白飯が付くところ、今回はオプションで鮭チャーハンにしてもらいました。
メニューに”小さな”とありましたが、確かに通常の白飯よりもやや少ないくらいの分量、お味的にもあえて頼む必要はなったかなと思います。

こちらは豚ヒレといろいろきのこの塩炒め。

きれいに盛り付けてありますよね。
肉厚のヒレ肉は柔らかでお味も程よいです。

やはりポーションは軽めで食べ足りない感じです。

デザートは追加料金。

杏仁豆腐とライチシャーベットです。
お味はおいしいです。

全体的な雰囲気として 全盛期の張りは薄れてきたのか 若干の抜けも感じました。