セルテの「ナルトとメンマもないけれど」で塩ラーメン

6階にできた「関内ラーメン横丁」に入るお店。

元住吉で有名だったお店が移転してきた形です。

しかし、支店ならまだしも、この駅ビルに新天地を求めてしまったのはあまりに無謀ではなかったかと余計な心配をしてしまいますよ。

確かに今回のラーメン横丁は誘致を頑張った。面白い!

しかし、ここはセルテ、MMに輝きを吸い取られて、粉ぼこりしか残っていない関内。
駅前という先入観に騙されちゃいけないんだぜ!!

さておき、やはり店舗のスペースは大きくなく、
店主とお手伝いのお姉さんのみの体制です。

メニューは塩を筆頭に、味噌、カレーのバリエーションが見えました。

いやぁ、とても綺麗な塩ラーメンが出てきましたね!

食べてみて、ビックリしたわ。
単においしいだけでなく、今まで食べてきたラーメンのとはちょっと違う、新鮮な味わいなのよ。

ほんのり洋風で、スープパスタとラーメンの融合体のような印象かな。
店内にほんのりセロリっぽい匂いがしてるし、赤い香味油にはパプリカなどのスパイスが入ってるんじゃないか。青味も湯がいたピーマンだし。

ただ、安易に折衷したり、珍しさが突出するのではなく、まごうことなき塩ラーメンとして、上手いことまとまっているのが凄いと思うの。

麺はパスタのようなツルプリ感があっておいしい。
豚もしっとり柔らかくてとてもおいしい。

これは、かなりレベルの高いラーメンで、しつこいようだけど、セルテで食えるようなクオリティではないと思うのよ!

今んとこ、この横丁で一推しです。
カレーとか他のお味も俄然興味が出てきたので、また近く再訪したいです。

コメント

  1. ウニ鈴木 より:

    昨日塩ラーメン食べました。美味しくて大満足なんですが、香味油なんですかね?最初に混ぜてしまったのが心残り。かなりお気に入りの店になりそうです。

  2. 管理人 より:

    >ウニ鈴木さん
    味変ね!
    私は香味油混ざらないよう慎重に慎重に食べ始めましたが、その時点ですでに美味しい塩ラーメンでした。良きお店だと思います。