関内の「上海酒家 岳」で牛タンの上海煮込み

スポンサーリンク

南仲町のオフィスビルの地下に入る実力料理店。

もうね、下手な中華街に行くくらいなら、まっすぐこちらに来た方が間違いないよってお店です。

そんな事を言いつつ、下手な中華街にばっかし足を運んでしまう私よ。

こちらは当初、うちの近所の曙町に出店していたのです。とにかく、あんな底辺の吹き溜まりにはもったいないお店だったので、関内移転でもって、高い実力相応に花咲いてくれると良いなぁと思っておりました。

新天地はオフィス街にありがちなスナックやラウンジなどが軒を連ねそうな飲食フロア。

コロナの折、ほぼ動いていないような様子で心配もありますし、フリのお客さんはアクセスしづらい環境なのですけれど、リピーターをガッツリ掴んでの営業ならば、逆に落ち着く環境かもしれませんね。

お姉さんの接客も心地よく、決して敷居の高いお店ではありませんよ。

季節野菜の炒めが、控えめに言ってサイコーです。

ぶっちゃけ、野菜炒めなんか頼みたくないわけよ。ただ、ちゃんと野菜も食べる大人なんですよって、体裁をつけるために注文するのだけど、こちらの品は全然魅力的。

白と緑とほんのり黄ニラという見た目のコーディネートも良きですわ。具材は何種類を使ってるのかわからんけど、とりどりの野菜や豆が、それぞれに食感を楽しめる程よい火の通りになっており、お味加減も文句無しよ。

茄子と合鴨の山椒炒め。

揚げた茄子と鴨を山椒塩にあわせたものかな。熱々で、噛むとトロンととろける茄子がメッチャウメェから!

これは間違いなくお酒の進む一品です。私は飲めないからお茶だけど!

牛タンの上海煮込み。

分厚く切った頬肉などを煮込むのがお店の名物の一つだったと記憶しています。

しっとり柔らかで、ホロリ、ジュワリと溶ける牛タン・・・豆鼓の入ったこってりソースももちろんおいしいですぅ。

店主はニューオータニなどでしっかり修行された方と聞いています。本来なら私などが寄り付かないような高級店水準のお料理を、手の届く範囲内で提供してくれているのは相変わらず。

上品なエビチャーハン。

黄ニラとチャーシューのまぜそばだったかな。

うちでも真似できそうなシンプルな一品であります。が、真似はできないんだろうな。

中国料理店らしからぬ、というかラーメン専門店なみに食感に気を使った麺。タレに角がなくまろやかなのが、一味違うところだなと思います。

この他、最後に鶏のスープを出してくれたんだけど、これが弱った体に染み入るような滋味煽るるものでさ。すんごく美味しかったんだわ。

やはり「岳」は他に代えがたいお店ですね。

コメント一覧

  1. ここのランチがもうホント素晴らしくて、行くたびにほんのり涙ぐみたくなります。
    魚の丸ごと一尾清蒸とかたまに出てきたり。
    スープもザーサイも完璧で、満足感抜群ですよね〜♩

  2. >アリーマさん
    間違いない!
    コロナの関係で私も外食機会が激減してしまいましたけど、こちらはもっともっと足を運ばねばならないお店だなと思いました。

  3. 牛タン上海煮込みってぇ!美味しそう!
    「岳」ですね。覚えておきます!

  4. >のりりさん
    ぜひお試しください。
    後悔しないよ!

タイトルとURLをコピーしました