関内の「豆はな」で落花生どらやき

スポンサーリンク

秦野に本店がある落花生店。

ハマの昭和を支えた官庁、オフィス街たる尾上町通り。

ここに社用を賄う豆菓子屋さんが出店していても、まぁおかしくはないと思います。

でもさ、明治創業の「かずさ屋」が潰れて、その後にまた別の落花生店が入ってくることなんてあります? なんなん? 関内の奴らは、落花生が切れると禁断症状でも出てしまうんかいな?

店頭では落花生商品や甘納豆などの他、和菓子の取り扱いもあります。ただ、本業が豆商でもありますし、よそから仕入れたり委託製造しているものなのかな。

落花生どら焼きは、いかにも産地らしきお品。

甘くねっとりな粒入り落花生餡は、もう少し甘さ控えめにして、落花生の風味が楽しめるといいなと思います。あと、皮にだいぶ焦げ香が出ているのが気になります。

どちらかというと、栗どらの方が落ち着く仕上がり。

大きめの栗粒が散らされております。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました