ダイワロイネットホテル横浜公園の「アクイラ・ウォランス」でパスタランチ

スポンサーリンク

2Fに入るイタリアン。

ぴーたんさん、オススメありがとね。

横浜ありがち方式で、旧ストロングビルのガワだけくっつけたロイネットホテル。

外観は前と大きく変わらないはずなんだけど、通りからセットバックしたせいか、冷たい色になったせいか、なんとなくとっつきにくくなりましたね。

こちらのレストランも当初は1Fの路面で営業してたはずなんだけど、いつの間にか屋内に引っ込んでしまいました。ホテルの朝食会場も兼ねているので、コロナ下でより内向きに絞った体制になったかもしれませんね。

利用したのは週末のお昼。最近は中華街も混雑しだしたので、穴場的なこちらに避難してきたのですが、しっとりした雰囲気の店内は、思ったよかお客さんで賑わっておりましたよ。

ランチにはサラダとパンの取り放題が付きますよ。

一回ごとに新しいトングを使わせる高級ビュッフェ並の対策。ゆったりなテーブル間にはカーテンを設置したりして、工夫が見えます。

サラダバーは小皿盛りから、自分で取り分け式に戻っておりました。横浜野菜や鎌倉野菜の文字も見えましたが、内容についてはごくごく普通かな。ただ、自家製ドレッシングが各種揃い、細かな部分に気が利いていますよ。

パンも数種類用意され、これはまんまビジホの朝食っぽいブツなのですが、脇にトースターを設置して、お店オリジナルの横浜旨辛オイルも添えられています。

人気のオマール海老のビスクは、カップで気さくに追加注文できるのもいいな。

エビ!というよりは、クリーミーで優しいポタージュ感。こちらのお料理は全般的にあんまり重たくしない加減なんだな。

週替りとなるパスタランチ。

ホントは違う内容だったんだけど、違う品でも作るよって書いてあったので、名物のジュノベーゼに変更してもらいました。こういうサービスも嬉しいわ。

なるほど、確かに香りが違いますよ。フレッシュなハーブ香がすっと抜ける感じで、爽やか。

一方、パスタソースとしてはやや物足りない印象かな。タッチは優しいのだけど、汁っぽくて、いらぬヘルシーで伸ばされたような感じ。こだわりのパスタも米粉が入っているらしく、米麺みのある食感だから、もろもろひっくるめて異風なジュノベーゼでした。

月替りアクイラランチはサルティンボッカ。

付け合せ無く、シンプルな提供ですね。

ハムを乗せた豚ヒレ肉が柔らかく、ソースはやはりヘルシーに感じます。

ドリンクやデザートの他、自家製ヨーグルトもフルーツソースを各種揃えて食べ放題。

ホテル朝食場の内容をいくらか引きずることで、ランチのサービスを底上げしてるのが工夫だね。

ゆっくりもできるし、面白いお店だと思いました。

ただ、デザートのチャイプリンも甘くなくて、デブ的にはひとふた押し足りないのよ。健康かっ!

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました