関内の「鶴松富士」で中華そば

スポンサーリンク

浜っ子通りにできたラーメン店。

jincunさん、オススメありがとね。

パチンコPIAの裏手。移転した「千花庵」の跡地です。

お昼から夜遅くまで通しで営業しており、便利に使えそうなお店なのですが、これまでも不定休にぶち当たったり、売切じまいだったりと、幾度かのチャレンジが阻まれておりました。

「人気店だよ」って、通りすがりのキャバっぽいネーチャン達も話してたし、この日はやってて良かったわぁ~

店内は昭和なポスター等が飾られたレトロ風。妙にカウンターや椅子の背が高くて、デブには座りが悪い環境です。

まず、驚くべきは、そのお値段。

このクオリティの一杯がワンコインというのはちょっと衝撃です。

もっとも、こんなご時世なので、いつまで続くかはわかりませんけど、この価格設定ならば隣のパチでからっけつになったお客さんも入りやすいかもな。

こちらは特製中華そば。

素材にもこだわっているというスープは、研ぎ澄まして緊張感を漂わせるタイプではないかもね。醤油と煮干しの香り。あっさりしつつ、それなりの飲みごたえもありますが、あとに残る印象はほどほどです。

どことなく旅情を感じるような、行き過ぎた先端から引き戻すような風合いよ。

麺はオプションで白河風の熟成平打ち麺に変更しました。つるプリな食感の縮れ麺は、何も言わないとやや柔な茹で加減で出てきます。個人的にはデフォルトの中太でもいいかなって思いました。まだ食べてないけどね。

飲みの後に啜るのにはちょうどいい感じよ。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました