関内の「マルシェ ディジュール」でカイザーゼンメルサンド

スタジアムの脇にあるワイン屋さん。

陽気が良くなったら、あそこで店先で飲もーぜって、話してたんだ。

この日はベイが久々に勝ったらしく、
スタジアム周辺はお祭り騒ぎである!

こりゃ、とんでもない人数が流れてくるぞって、
半ば諦めながら、お店に向かったら・・・

誰一人流れて来なかった。

野球ファンはやっぱビール党なのか!

いや、もといビール売りのお姉さんが好きなのか!

陽気は良い。

外で飲むのはなんとも気持ちが良い。

しかし、ここの外テーブルは傾いているのだ。

背の高いグラスは扱いがデンジャラスなのである。
おっかなびっくりなのである。

酔っ払ってきたら、ヤバイからな!
常にグラスを手に持ちながら飲ってほしい。

お酒は店奥のレジで注文して自分で運んでくるセルフ形式。

日々ラインナップの変わるグラス売りのお酒は、
総じて手頃値でありながら、十分においしいよ。

チーズの4種盛り。

名前は全くわかりませんが、
右端のバローロで漬けたというヤツが特に旨いです。

一緒に当たり年のバローロを薦めてもらいましたが、
こちらは謹んでお断りしました。

主にお財布の重さの関係で!
そりゃマニアが見れば安いって思うんだろうけどさ。

ワインはさすがに手におえないけど、
チーズは好きなので基礎学問程度は修めたい気がする。

どっかにイイお店がないだろうか?
つーか、高い関税をどうにかして欲しい!

パンチのある尾島さんちの生ハムと

カイザー ゼンメル サンド?
カイザーゼン メル サンド?
カイザー ゼン メル サンド?

ハムチーズサンドな!

おつまみは少ないけど、どれもおいしいよ。

気張らず、カフェ感覚で利用できるのがイイね。
気持よく一服できました。

コメント

  1. アリーマ より:

    Semmel(ゼンメル)は南ドイツ(オーストリア~バイエルン地方あたり)のローカルな小さい白パン。
    ドイツ全国区的にはBroetchen(ブロートヒェン)と呼ばれてるやつです。
    カイザー・ゼンメルは、ウィーン発祥のバージョンだとやら。

    確かにハマスタのあとに、わざわざワインを飲みに行くファンはいないだろうなー。
    まずスタジアムでビールをがばがば飲んできているし。
    汗まみれホコリまみれの観戦向けスタイルだと、もっと雑な雰囲気のところに行きたくなるかも。
    考えたこともなかったが。

    あと、人の流れが関内駅方向でなければ中華街に向かってしまうので、この店の位置はちょうどエアポケット的な位置なのでは?
    ワタシ自身、この店は知っているけどゲーム後に行こうと思いついたことがなかったです。

    あと、ビール売りのお姉さんに関しては、サッポロが群を抜いていると思います(当社比)。

  2. 管理人 より:

    >アリーマさん
    ビールは間違い無くサッポロ好きな私ですが、
    ワインはちんぷんかんぷんなので、オーダーすらままならないのです。
    そこでカウンターの兄貴におすすめを聞くのですが、
    「どういうワインがお好みですか」って、かえってくるわけ!
    分かってりゃ、きかねーっつーの!
    こういう場合の気の利いた対処法はありますか??

  3. アリーマ より:

    確かに単純に「オススメは?」といわれても、これだけ種類がある店だと絞り込みようがないっていうのは真理だと思いますが・・・

    むしろ「いや、実はよくわからないんですけど、例えば白ならどんな感じのものがあるんでしょうね~?」とか素直に返せば、向こうも喜んで教えてくれるのでは?

    味の好みができてきたら「白か赤か」「甘いか辛いか」「軽いか重いか」くらいの好みをその日の気分で言ってみる・・・みたいなパターンもあるし、飲んでて「これ美味しいな」と思ったら素直に店の人にそういうと、

    「じゃあこんなのは?」と次なるオススメを出してくれたりするから楽しいよ♪

  4. 管理人 より:

    >アリーマさん
    なるほどなるほど、なるほどなるほど。