関内の「わかな」でうな丼

旧マルイの裏手にある鰻屋さん。

昨今の高騰で、うなぎ自体すっかりご無沙汰していたのですが、
肌寒いしぃ、景気付けにウナでもいっときますかって話になったわけよ。

こういう時に選ぶお店って、評判の良い未知のお店よりも、
慣れ親しんだあの場所になっちゃうんだよな。

稚魚と一緒で、最後にはルーツに帰ってくるというお話ですよ。

お店は歴戦のババ様たちが仕切るいつもの風景。

週末なので、背広のヲジ様達の姿はなく、
小金持ってそうな老人たちがメインの客層だったな。

このまま若い世代にちゃんとつながっていくのだろうか、
ちょっと心配をしてしまう今日このごろ。

わかなのうなぎが大好きって書いてて、
その筋の皆様から、散々馬鹿にされたわけですが、

うなぎというより、飯なんだよ!
アッツアツのどんぶり飯を、うなぎ味でかっこむのがわかなの醍醐味!

よく覚えておけ!ツウ人どもめ!

でもね、今回のうなぎはちょい元気がない。

値段を急上昇させずにがんばっているのだけど、
ちょっとさみしい感じなのも否めないな。

そして、皆様に告白です・・・・
大盛りが、ついにキツくなってきた・・・

貧乏人はうなぎというとついご飯を大盛りにして、
つーか、大盛りにしないともったいないような気もするんだけど、
デフォで大盛りなコチラの丼を飯増しにする破壊力は、中年の胃にドスンと響いたぜ。

個人的にはすんごいショックで・・・

もう、老齢の坂を転がり落ちるだけなんですね・・・

コメント

  1. ヒデ★ より:

    私もちょっと前に行きましたが最強には思えませんでした。
    結構小骨が入ってました。年配客が多いところをみると
    昔は良かったのかもしれません。

  2. 管理人 より:

    >ヒデ★さん
    うなぎ屋にはなにかと厳しい時代になってきたと思います。