日本大通りの「横浜ロータス」でフランスパン

スポンサーリンク

大さん橋の袂にあるサレオツなパンカフェ。

港の古い建物をリノベーションした服屋の裏手にあるんだけど、
どちらも同じ聖林公司が経営する系列みたい。

眼前に広がるこの港風景!

これを眺めつつ、囓るのが、
紫色のバスの中で焼く無添加ロハスなパンですよ!

まぁ!なんてオサレなんでせうか!
横浜市民ですらたじろぐほどのパーフェクトシチュエーション。

一度は寄ってみたいと思っていたのですが、
日常を引きずったままでは浸れない世界っすよ。

さてさて、よく見てみるとオープンカフェだけでなく、
奥の建物でパン屋さんもやっているみたいなんだよね。

そんなわけでちょいちょい摘んでみました。

この日は時間が遅かったせいもあり、
パンは総じてヘタり気味。

店に並ぶ種類も多くなかったのですが、
カフェで食べられるように菓子パン惣菜パンが多そうです。

面白かったのが、白くてもっちりに焼かれたフランスパン。
これを買うとジャムやチーズなんかがついてきます。

チーズとオリーブのパン、いもあんのパン、
スモーキーなソーセージが挟まったドッグ。

素材に拘ってる系らしいですが、ロハスなせいもあり印象はやや弱め。

やっぱ、パン屋さんとして利用するより、
その場でお茶と一緒につまむのが大正解だと思うな。

いかにもなロケーションが最大のご馳走家かと。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました