日本大通の「グーツ」でクイーンシュー

日本大通りにあるフード強化型コンビニエンスストア。

nanさん、オススメありがとう!

富士シティオグループ傘下の横浜ご当地コンビニチェーン「スリーエフ」は皆さんも御存知でしょう。誠に残念ながら、現在はローソンに吸収されてしまったわけですが、そのセカンドブランドとして模索していたのが、こちらの「gooz」であります。

店内調理の食べ物に力を入れたお店で、お弁当やおにぎりの他、ベーカリーも併設して、焼き立てのパンも売っています。お店の商品構成も、全方位型のコンビニというよりはスーパーの惣菜売り場を持ってきたような感じで、近隣リーマン達の昼食調達どころとしても人気ですね。

また、日本大通りというハマの一等地にテーブルを出しており、店先で購入品をイートインすることも可能です。早朝からの営業ということもあって、とんでもない時間から山下公園に集う爺婆の類が朝食をはむスポットにもなっていますよね。

オススメいただいたクイーンシューはクイニーアマンにホイップをぶち込んだ狂気の高カロリー商品です。欲を言えば、クリームがカスタードなら。いや、むしろ、ダブルクリームなら、さらに身体に悪そうなのにな!!

自分で注ぐコーヒーは、無駄に十種類くらいのサーバーがならんでおり、それらを自分好みにブレンドすることが可能なのです! もっとも、それぞれがイマイチなので、混ぜたってどうにもならないけどな。

手前はおにぎりなのですが、ここのはバカでかいの! 一個食べれば満腹になりそうな栄養塊なのであります。具材もかき揚げが挟まっていたりして、おにぎりというよりライスバーガーのような奔放さ。これも”コロッケのり弁”という、奇抜揃いのコンビニおにぎり界でも異端を行く商品です。

パンやお弁当に関しては、都会っぽさを装いつつも、やはり垢抜けない富士シティオっぽさが、かえって面白く、他のコンビニとも差別化ができています。

私周辺の利用者に限れば、評判は良いですし、昼食難民が多いような都市型の店舗として、可能性も感じるのですが、現在はこちらを含め3店のみしか残っていないようですね。もったいないなぁ。