山下町の「キャラバンコーヒースタンド」でりんごタルト

スポンサーリンク

谷戸橋の交差点にできたカフェ。

立派な都市には、立派な喫茶店が育つものですが、文明開化の港街である我が横浜には…

強いて挙げれば、昭和3年に馬車道で創業した「キャラバンコーヒー」ということになりますか。

ただ、創業地にお店が残っているわけではありませんし、喫茶店というよりは豆卸という印象ですかね。横浜市民の生活風景に浸透しているローカルブランドとは言えないかもしれません。会社もユニマットに買われちゃってるしね。

そんな、キャラバンの新業態カフェが先ごろオープンしました。場所は旧TVKの向かい側、微妙なインディーズカフェだったとこをリニューアルしています。前のお店よか、開放感があって、爽やかで、なかなか気持ちの良いお店になりましたよ。

デイリーコーヒーとタルトです。

すぐ近くに元町店もあるわけですが、あちらはコーヒー以前に、甘味や軽食が絶望的だった時期が長かったので、ドリンクだけでは済まないデブとしては、あんまり利用する気が起きませんでした。

その点、こちらは 地場野菜なども取り入れつつ、一歩充実しておりますよ。

ただ、クオリティはまだまだ伴っていない印象です。タルトは宣伝写真と随分違うし、フニャッとしておりました。

コーヒーに関しても、金沢工場直送のデイリーコーヒーとは何なのか? 素性がさっぱりわからない! ソッコー出てきたから、淹れおきだと思うし、お味も水っぽくて、専門店としての強みが見えませんでした。

あとは、紙コップがどうかな。飲み口がペラペラで、内容物のイマイチぶりをさらに加速しています。お皿にシナモンを振ってくれるなら、せめてちゃんとしたカップで出してほしいなと思います。

主要なスポットにアクセスできる立地でもありますし、観光客にオススメできる横浜カフェとして、さらに充実してほしいところです。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました