山下公園の「ワールドフェスタ・ヨコハマ2011」

山下公園の「ワールドフェスタ」です!

普段は縁の薄い、様々な異国料理を楽しめるのが魅力!
手堅く楽しめるおなじみの食イベントですよね。

この日はお昼時の到着だったのですが、今年も大盛況。

もっとも、一部の人気店を除いては長時間並ぶこともなさそうで、
ちょうど良いくらいの繁盛ぶりだったんじゃないでしょうかね。

今年のテーマは「世界のシーフード」ということですが、
相変わらず、ほとんど拘束力はなく、各店が好きなものを好きなように売っている状況です。

出店のラインアップはほぼ例年通り。
売っているものもかぶる部分が多いかもしれませんので、
過去のレポを参考にしてください。

お料理はやっぱスペインのパエリアが一番人気のようでした。
例年複数の屋台が出ていますが、今年は少なめだったので集中したのかもしれませんね。

まず、一番ヒットだったのがセネガルのバーベQマトン。

家庭用テントの下、小さなポットプレートでの調理。
このイベントでは珍しい闇販売みたいな体裁で、怪しさ満点だったんだよね。

玉ねぎとかと一緒に山盛り調理していたんだけど、
盛ってくれたのはなぜか肉ばかり!

あとで他の方のレポを見た限り、
盛りは適当らしくたまたまううが良かったようだよ。

香味でマリネしたマトンは一切れに厚みがあり、
また容易に噛み切れないくらい硬さなもんだから、
いかにもワイルドに肉を食らってる感が味わえるのよ。

マスタード唐辛子みたいな調味料が、
臭み消しと共に塩分と酸味と辛さを加えていて良い相性。

手違いで買ってしまったネパールのパリパリ大豆サラダ。

節分に撒くような乾燥大豆をそれっぽく和えてあるのですが、
大豆の存在感があまりに強すぎて、調味はまるで目立たねぇ!

また、これがパスパスして、喉に詰まるわ、腹に溜まるわでヤバイ!

南インドの「ポンディシエリ」ではゴアフィッシュカレー。

ゴアフィッシュとはどんな魚か?って思ってたんだけど、
調べたらゴアのフィッシュカレーらしい。料理名か。

揚げた白身魚の入ったココナツベースのカレーで旨いわ!

ここはインド兄ちゃん達の客さばきもパキパキしてたし、
味もいいし、なかなか手馴れた良いお店じゃない。

ペルーのとうもろこしちまき、タマーレス。
バナナの皮みたいなものに包まれて蒸されてました。

粗びきのもろこし粉はキビみたいな食感。
具には塩豚や唐辛子やオリーブなんかが入っていたわ。

後口にタコチップのようなの風味が残って、野味溢れる感じ。

紅茶の「セイロンドロップ」では冷たいキリテー。

チャイみたいにスパイスの入ったミルクティーね。
綺麗な瓶で冷やして売っていたので、結構人気みたいだったわ。

最後に定番&鉄板の「セイロンイン」でコットロティ。
卵や野菜、鶏と平麺をメッタメタに切り炒めたものだよね。

作りおきだったからか、以前の印象よりも弱かったんだけど、
スパイスの魔力で、ひょいひょい口に入っていってしまう。旨い!

野菜のカレー炒めをクレープでくるんだ
おにぎり型のゴータンバもやっぱり旨い。

生地に豆が入ったドーナツ、ウルドゥワデは、
おからドーナツみたいな風合いで玉ねぎの香ばしさがアクセント。
どことなく日本食に近いテイストで、すっと入ってくるんだよね。

これでも現地ではけっこう腹が膨れていたのだが・・・

こうして振り返ってみるとロクに食べてなかったな!
さらに突っ込めば、インド食ばっかじゃねーか!!!

ああ、インドバンザイ!スパイスバンザイ!

この他にもガンボとか、サバサンドとか、
ジャークチキンとかまっ黄色なカレービーフンとか、
色々気になるものがあったんだけど、行列だったりでタイミングが悪かったりで断念。

まぁ、食べ逃した分は来年に持ち越そう!!!

カスタムフィールド

オススメ: ★★