山下公園の「フィリピンフェスティバル 2012」

スポンサーリンク

山下公園で行われたフィリピンフェスに行って来ました。

フィリピンフェス!

東京では実績があるようですが、
横浜での開催はたぶん初めてなんじゃなかろうか!

この週末は天気も不安定だったのですが、
会場は思った以上に賑わっていましたね。

そして、お客さんの殆どがフィリピン系の方々!

この手の国際フェスには、
日本人にお国の魅力を広報する意図と、
在日の仲間が楽しく集まる機会と2つの要素があると思いますが、
このお祭りは後者が色濃いようです。

会場にはいろんなブースが出ているのですが、
日本語の案内が皆無なので、内容はさっぱり分からねー状態!

食もまた然り。

各地のフィリピンレストランがほどほどの規模で出店して、
読み方すら不明な現地料理を販売しているのですよ。

お値段はどこも良心的。
供給側はそれなりに頑張っているのですが、
順番が来てから選び始めるフィリピン客のユルさもあいまって、
ちょっと行列にはなっていました。

比較的涼しい日だったので助かったよ。

まずは「PERRY BOQUIN」のDinuguan。ディヌグアン?

豚バラとモツを煮込んだものみたい。
しょっぱ酸っぱい調味で豚のコッテリを無理やりさっぱりさせたような感じ。

しかし、どこをどう調理すれば、
こんな悪魔のような色になるのだろうと思ったら、豚の血を使っているのか!

お味はイケます。ご飯が進む系!

同じくPancit。パンシット?
フィリピンの焼きそば全般のことを指すらしく、
これはビーフンを使ったタイプ。

ごま油風味のお醤油味で我々にも普通に食べやすいです。

お姉さん、ちょっと盛りすぎだと思うけどさ!

「MELBA PALAFOX」のソーセージ。

さすがに赤すぎねーか!?って、珍しがって買ってみたんだよ。

肉の内側にまで着色が浸透しているのですが
かの地ではこれがポピュラーなスタイルなんだって。

お味的には普通においしいですよ。
ブリブリしてない、柔らかめのフランクフルト。

「ANA’S TRADING」のPork Sisig。シシグでしょうか?

細かく切った甘辛豚肉にマヨがけして、
さらに豚の脂の揚げたのまで散らしてあるメタボ殺しな一品。

本来は豚のいろんな部位を使うみたい。
マヨの味が強すぎて元の素材がよくわからんわ。

同じく、マンゴージュースと
Ensaymada、エンサイマーダという菓子パン。
これはかつての支配国、スペイン由来のもんなんだそうだよ。

クリームが塗られてて、砂糖がけしてあって、食感はやや固め。
このココナツの他にもウベ入りとかのバリエーションがあったな。

LECHE FRANは、スペインの黄身プリンとも
我々の知るプリンとはちょっと異なったもの。

牛乳代わりにコンデンスミルクをこれでもかってほど入れてるらしく、
かなり、しっかりねっとりしたとした仕上がり。

まぁ、激甘!ゲロ甘!

甘党デブな私ですら、この時点でスプーンが止まってしまったほどよ。

でも、背徳的にウマイです。好き!

奴らちゃんとゴミ捨てねーから、会場が荒れ気味だったり、
独特なアウェー感が漂っていて、とっつきにくくはあった。

でも、見知らぬ異国食を楽しめるという意味では
なかなか興味深いお祭りでした。

フィリピン料理も奥深そう。

もっともっと食べたいものがあったので、
是非、来年もやってほしいな!

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました