弘明寺の「レリッシュ」でケーク・オ・ブリュレ

商店街の脇路にあるケーキ屋さん。

弘明寺ですが、いわゆる昭和のケーキでなく、
ちゃんとそれっぽい洋菓子を作っているお店です。

私はまだイートインをしていた大昔に利用したきりだったんだけど、
店頭においしそうなもんが貼りだしてあったので、久々に扉を開けました。

まずは季節の栗ロール。

スポンジはキメが粗く、若干ザラリとしますが、
その分大きく空気を含み、たっぷりなクリームとともに、
柔らかソフトな食感を作り出しています。

渋皮煮とか和栗のクリームとか
お味はやはり、あっさり控えめな印象です。

お目当てだったケーク・オ・ブリュレは
カラメル風味のパウンドの表面をジャリッとブリュレしたもの。

ちょっと前にバームクーヘンもブレークしましたが、
地味なお菓子を甘香ばしくブーストしてしまうこの手法は良いよね!

ケーキはもうちょいしっとりしててもいいですが、
おいしさも長持ちしつつ、楽しめました。

これは良いですね。

こちらラムレーズンのダックワーズ。

よくある外カリのアレでなく、
もっとふわっと分厚いスポンジで挟んであって面白いです。

基本的にお味は控えめでおとなしく、
やや地味に感じられる部分があるお店です。

レクタン大