弘明寺の「シバ天」で江戸前穴子天丼

スポンサーリンク

商店街にあるてんぷら屋さん。

やっとこさ入店することが出来ました

これまでも通りがかる機会は無数にあった。
天丼を入れるくらいのお腹の余地も常にあった。

しかしね、どうせなら、うどんが付くというランチに来たかった!
つまり、ミニうどんにこだわるあまり、ずっと機会を逸していたわけなのです。

ちいせぇ!
私の男の器は養命酒のプラ杯ほどしか無いということ!

中は昼からちょい薄暗ダウナー雰囲気です。

職人さんご夫婦で切り盛りしている様子で、
たしか「天元」で修行されたとかいう話を教わったことがあったな。

お昼は天丼がメイン。
夜は居酒屋つまみも色々用意されているみたいです。

弘明寺らしく、お客さんの平均年齢はだいぶ高めでした。

んでもって、うどんが付く天丼ランチを頼まなかったというね!!
あの溜めはいったいなんだったんだというね!

オススメされていた単品の穴子天丼をいただきました。

穴子の場合は丼でなく、お重で来るんだね。
やはり高齢仕様なのか、ご飯は比較的薄い盛りです。

ちょっと小ぶりな穴子はフンワリ揚っています。
衣もクリスプなタイプではなく、タレを含み、ソフト&しっとり。

そしてこのタレ、なんと黒糖風味なんですよ。

けっこうガッツリ黒糖な風味と甘みがあって、
そこが好悪を分けるかなという印象です。

気さくな天丼屋さんとしての体裁は好きですが、
私にはちょっち合いませんでした。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました