弘明寺の「猿楽珈琲」で二十三番地珈琲

駅前にあるコーヒー専門店。

nekonokazeさんのところで教わったのですが、
代官山で有名だったお店がこっそり移転してきたみたいなのですよ。

何故か、弘明寺に!

そしてこの厭世感!

隣の「モカ」のインパクトが強すぎることもあるのですが、
分かっていて通らないと、お店かどうかも不明であるという、
なかなかの高ハードルであります。

流れるのはカチコチいう昔時計の音とジャズ。

店内はスピーカーやら古民具やらがつめ込まれた趣味空間でカッコ良し。
けっこう狭いんですが、その狭さもハマるとなんだか心地よい気分になってきます。

メニューはシンプルで、ストレートの珈琲が数種類とチーズケーキにトースト。

時間がかかります。クリームや砂糖はつけませんというポリシー。
んでもって、商品がやってきた時にその場でお会計の流れです。
店内も撮影厳禁ということで、ビジュアルもありませんが、

こちらの珈琲、スッゲー旨いです!

私は元々苦味系のものが好きなのですが、
深煎りの二十三番地珈琲はマジかっと思うほどハード。

でも、そのパンチの奥に甘みもあって、トロリとしたコクがあって、
それを舐めるようにチビチビいただくわけです。

余計な雑味に惑わされず、珈琲の旨味と真正面から向き合える仕上がり。

珈琲だけじゃ我慢できない糖分デブはもちろんケーキも頼みますが、
これもだいぶ変わった印象ですな。

一見、プリンのような体裁で、チーズケーキなのに酸味が無いの。
まったりとしていますが、ケーキとしては突出せず、
あくまでコーヒーを主に立て、その口直しという役割になっています。

なんか、いろいろ小うるさそうで、ビクビクしながら入りましたが、
飲み終わる頃にマスターのおっちゃんが気さくにダベりに来てくれたり、
むしろ、実態はコミニケーション志向なのかもという意外性。

もちろん、お店に反映されているような独特の哲学はあるのでしょう。
しかし、少なくとも提供物に対しては真摯で、上質なものを提供してくれる良店です。

珈琲好きのハマっ子は是非、勇気を出して覗いてみてほしいです。

美味しかった!!

レクタン大

コメント

  1. STAR(Wвб)ノ より:

    有益な情報ありがとうございます!
    代官山の方に行った事が有り、飲みながら「このまま死んだら気持ち良く死ねる」と思ったほど本当に美味しくて再訪したいと思っていたのですが、如何せん代官山に行く用事が無さ過ぎて行けてませんでした。。
    まさか横浜に来るとはビックリですね!
    弘明寺に行くときには絶対に寄りたいと思います☆

  2. 管理人 より:

    >STAR(Wвб)ノさん
    立地の落差が激しいですが、
    内容の高水準は変わっていないんじゃないかな。
    良いお店が出来て嬉しいですね。