弘明寺の「ぐみょうじ こっぺ」であんマーガリン

商店街に出来たコッペパンの専門店。

盛岡のソウルフードたる「福田パン」に、ただただ憧れていた時代はすでに終わりました。

「あれ?これって手軽にコピーできんじゃね?」という飲食ベンチャー達の仁義なき商魂によって、類似の店舗が増殖、たちまち陳腐化してしまうこの流れ。

ついに我が南区の商店街にまで堕ちてきた時点で、コッペパンブームも完全に底を打ったような気がします。

コッペ専門店が珍しくはなくなってきた以上、あとは各店で何らかの特徴を付与して、差別化をはかる必要があります。

こちらのお店は具材等に変わったものはありませんでしたが、パンのベースに大豆ペーストを混ぜ込んだSOYコッペを使っているところがポイントみたい。

パンは柔らかいのよ。ただ、店頭で手渡されてからすぐの段階で、このフンニャリなので、ルックスにときめくことはありませんね。特に豆っぽい味がするわけでもなさそうです。

中のつぶあんは享楽的な甘みではなく、さっぱりいただけます。

弘明寺も気がつけばパン屋がやたら多いエリアになっておりますので、開店の物珍しさが落ち着いて以降に、もう一歩をどうやって打ち出してくかが問われそうです。