六ツ川の「ふくさや」でふくさ最中

平戸桜木道路沿いにある和菓子屋さん。

六ツ川名物ふくさ最中を買いに寄りました。

町の和菓子屋さんて、ずいぶん減ってしまったよね。

気鋭のパティスリーが華々しく脚光を集める一方で、
老舗の新業態とか、大手の参入以外、
和菓子の新店はほとんど見なくなりました。

この先、和菓子ってどうなっちゃうんだろう・・・

そんな不安も感じる今日この頃の甘党なのです。

さて、このお店、六ツ川というマイナーな下町にありますが、
昭和の埃を塗り重ねた感じではなく、清潔で綺麗な雰囲気です。

まだまだ現役で頑張ってくれそうな感じ。

お店の婆さんととりとめのない天気の話を交わしつつ、お土産を頼みます。
こういう、いかにもなやり取りが出来るお店もまた少なくなりました。

注文後に、ひとつひとつあんこを詰めてくれる丁寧さがうれしいわ。

ふくさ最中はこんな感じ。

そうなのよ!

サイズもはみ出っぷりも、某喜月のそれにクリソツ!
修行先だったり、何らかの縁があるのかもしれません。

お味の方も基本的な感触は似ています。
すなわち、おいしいということです。

あんこはしっかり甘く、食べごたえも十分ですが、
比較的ネッチリしていないというか、重過ぎない感じ。

待っている間に他のお菓子も眺めていたのですが、
よく見ると、定番にもちょっとしたセンスを感じる部分があり、
単なる町菓子屋と馬鹿にできないポテンシャルも感じました。

今回は最中だけでしたが、
次回はいろいろ買ってみようと思います。