【閉店】井土ヶ谷の「宿るや商店 / 面影食堂」でメンチカツ

スポンサーリンク

平戸桜木道路沿いの集合店舗。

日替わりでカフェの出店者が変わるのだけど、
木曜日は土鍋ご飯と横浜野菜の「面影食堂」なんだって。

お店は女性お二人でやっているみたい。
肝っ玉なアネゴと、しっとり姐さんて感じ。

今のところ、出店舗は通しに近い営業をされているとこが多いので、
食事時間を外しちゃったような日にも寄りやすいんだ。

オープニングのお祭りも楽しく成功したんだろうね。
学校帰りのチビッコたちがワイワイ挨拶していったり、
ほのぼのした良い雰囲気も育ちつつある様子。

でも、やっぱ日中は集客的に厳しそう。
貸切状態で、お店も私もソワソワしちゃうぜ。

この日のお食事は鯨肉ソーセージのナポリタンと、お惣菜定食の2種類。
土鍋ご飯のお店ってことなので、メンチの定食をいただいたよ。

メンチは揚げたてで、バリッと厚い衣の下から、
ほの甘い肉汁がジュワっと滲む上々のもの。

イイじゃん!旨いじゃん!

出来うることなら、料金追加で2個3個と食べたいっす!
なにせ自分、食べ盛りですからっ!

横浜の地場野菜もポイントということで、
ちょっと厚めなママさん千切りも柔らかくておいしかったよ。

土鍋炊きというご飯は、粒が立っていて、
ザクザク食感の楽しめる炊きあがり。

これに黄身の醤油漬けが2個もついちゃってるんだから、
もうさ、お代わり不可避な状況に追い込まれてるよね!

デブ、自重しろ!とかそういう話じゃないんだよね!
未必の故意なんだよ!

食後に開店クッキーもらっちゃった。

家庭的なお料理をいただける場所として、
少なくとも特定層の寂しい男性方には需要あるんじゃなかろうか。

え、私のこと?え?自分でツッコむの?

ただ、カフェとしての気取りというかハッタリというか、
ビジュアルの部分でもうちょっと磨かれてくると、なお良いよな。
今後、新参の指導的役割も出てくるだろうしな。

ハンモックがあっったり、店頭で横浜産のお野菜を売ってたり、いろいろ楽しいとこがあるスポット。
こういう場所が流行ってくると地元も面白くなるし、ぜひぜひ頑張って欲しいな。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました