【閉店】井土ヶ谷の「宿るや商店 / 横浜ナポリタン物語」で名古屋風鉄板ナポリタン

スポンサーリンク

平戸桜木道路沿いにできたコミニティカフェ。

土曜日は日本ナポリタン学会直営の「横浜ナポリタン物語」だって!

いや、ビビったね。

まさかの実店舗出店。
しかも会長自ら厨房に立つという予想外の物語展開に。

もはや何も言うまいよ・・・

お店はけっこう盛況。
すでにメディアにも注目されているらしく、集客力は一番ありそうだね。
他の宿るや出店者と違い、週末出店出来るだけでも、
かなりのアドバンテージなんじゃなかろうか?

メニューはナポリタンとドリンク類。

基本のナポリタンの他に
様々なアレンジナポリタンも出てくるとか、出てこないとか!

名古屋スタイルの鉄板ナポリタンを作ってもらいました!

玉子流しときゃ喜ぶだろって発想がさ、安易だよね。
こちとら昭和のガキじゃねーんだよ!と思っていた時代もありました。

でも、実際、食べてみると、良いんだよね。

鉄板のおかげで香ばしく、最後まで熱々だし、
玉子と絡めると、ケチャップの酸味が丸くなって、よりリッチな味わいになるんだわ。

つーか、考えてみれば私って、昭和のガキだし・・・
玉子ですげー喜んじゃう派だし・・・メインターゲットだったわ。

食べてみて、一番の特徴は麺かな?
モッチリとした食感で、極太ボルカノらしい。

味付けはちょいケチャッピーの味くーたーなので、
そういった意味でも、ちゃんと半熟で出てくる玉子がありがたい。

いや、むしろ、これは白飯と食ってもウマそうなナポリタンだと思うよ。

兄さんにオススメされた辣油がけも悪くない。
タバスコだと、さらに酸味が増してしまうのだが、
辣油だとまた違った方向に広がる感じでさ。

つーか、この岩井の辣油が風味豊かで美味いんだよ!

大衆喫茶やっつけメニューの代表格であるナポリタンだけど、
これはホテルっぽく、各パーツも地味におごってるんじゃなかろうか?

これは思っていた以上に、旨かったわ。

藤棚の「ふらんすやま」が開発したナポリタンケーキも、
面白そうだから気になってたんだ!

チャレンジ精神は買いたい!

でも、メニューを説明してくれてた姉さんが一瞬の当惑と沈黙の後、
「前菜のような・・・」っておっしゃるのよ。

この時点で頭の中では、藤岡弘ばりの危機センサーが、
ビィービィー警報を鳴らしてるのだけどさ。

地元食ブロガーとして、もはや退路は設定されてないんだよね・・・

しかし、まぁ、マズい。
普段はめったに使わない単語が出ちゃうけど、マッズい。

やはりケーキという先入観があるからなのかな、
いや、仮に前菜だとしても、やっぱ喉を通らないわ。

ニョロニョロはほのかなケチャップ風味のあんこ。
もう、この時点でアウト確定なんだけどさ。

ヌットリと風味の抜け無いチーズに、
スポンジ内のこの食感は・・・まさかのフライドオニオン?
いやいや!ケーキにネギ入れるなっつーの!

百歩譲って、ピーマンやベーコンのお遊びはいいとしよう。
トマトだって最近はスイーツの素材として、そこそこメジャーになってきたんだし、
赤いペーストを絞って、ルックナポリタンなケーキを作ればいいだけの話じゃん。

なんで、お菓子の枠から片足、いや両足放り出して、
ナポリタンをガチに再現しようとしてるのよ?

そこまでいったら、むしろナポリタンをそのまま食うわ!

これはある程度マズさを楽しむネタメニューなんだよね??
頼むから、そうだと言ってほしい。

お食事がおいしかった分、締めをしくじった感ハンパない。

飲食物の提供レベルで見れば、
今のところ、こちらの曜日が頭ひとつ抜けてる感じ。

ナポリタンケーキ以外はな!

おいしかったので、また食べに寄りたいな。

ナポリタンケーキ以外をな!

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました