京急百貨店の「しげた」で甘夏大福

デパ地下に入っている和菓子屋さん。

ご存知のように、菓子文化が花開かなかった横浜であります。

居留地や、もも船ももち船ゆかりの洋菓子ですら、ろくにお店が残っていないのですから、和菓子なんて言うに及ばずなのでありますね。

そんな中で、小さい頃からよくいただいて、菓子好きたる私デブの基礎を作ったのが、この「しげた」

南区在住なので「喜月」よりも、やっぱ「しげた」の方に馴染みがありますね。

もちろん今のような食べ比べをしていた時代でもなかったのですが、どのお菓子も上品でおいしかった印象が残っていますよ。

ちょうど世代交代だったのか、ある時期から、ちょっとナンパというか、今風の要素を加えたラインナップになって以降は、足が遠のいてしまったんだよなぁ。

それでも、色々アイデアを出しながら頑張って営業しているようです。

今回目についたのが、甘夏大福。

いちご大福、そしてみかん大福等の成功によって、フルーツを使った餅菓子の地平が広がった気がしますが、いやぁ、甘夏もいいですね!

たっぷり剥いた甘夏を果物の味を邪魔しない白あんで包み、求肥でとじたもの。

皮はあんま甘くなくてもいいのかな、むしろほの塩味でも良いのかなという気もしますが、甘夏のさっぱ酸っぱいお味に、あんこの甘みが補完され、この暑い季節にピッタリのお菓子に仕上がっています。

これはオススメできますよ!