上大岡の「三浦頂食堂」で頂選べる三点盛りランチ

スポンサーリンク

駅近にある地産地消居酒屋。

杉田の「海彦」の系列店みたいだね。

店は地下にありややマニアックな立地。

液に近いといっても、実に微妙な距離があり、
ランチ真っ盛りの時間でも、満員で人が溢れる感じではなさそうです。

地物の食材に拘っており、
主に三浦半島の漁師や農園から仕入れているんだって。

卓上の調味料も横浜醤油だったりで、
なるほどなというコンセプト。

お昼のメインは3種類のおかずが選べる定食。

選べるといっても、選択肢は4つだけなので、
何を足切るかの問題なんだけどな。

選んだのは里芋と厚揚げの揚げ出しと豚白菜煮込みにお刺身。

お料理は見た目通りやや家庭っぽさが残るもの。
調理技術というより、素材やらでアピールするお店なのかもね。

どうせなら刺盛りを1.5倍にした二種セットにした方が良いような気もするよ。

こちらはまぐろ山かけ丼と地場野菜天丼の2色丼セット。

初めはダブル丼という仕様にビビったのだけど、
丼はかなり小ぶりなお茶碗サイズなので、普通に完食できそうです。

天丼は野菜の甘さとかカリポクな食感が魅力。
ご飯がイマイチなので、山かけのトロロが嬉しいわ。

これにお味噌汁も付きます。

オプションのグラスサラダはパフェみたいだよね!
これが一番気に入ったわ。

お塩やマヨで食べるんだけど、
ご家庭では馴染みのないような三浦野菜がとりどりで、
非常に楽しい取り合わせです。

食感も瑞々しく、野菜の甘さを味わえますよ。

こちらに来たらぜひ頼みたい逸品です。

夜のメニューは海鮮モノとせいろ蒸しがメイン。
これといって面白そうなものはなかったけど、
安いし、野菜ものは期待できそうですね。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました