上大岡の「川の先の上」でらーめん味噌、餃子

スポンサーリンク

川の先の第1ミツワセンターの2階にあるラーメン店。

オープンから5ヶ月ほどか。

前を通りがかっただけでは、ラーメン店の存在すら分からないようなこの場所で、行列が続いているのは流石だなと感じます。

お店の立地は飲食経営における肝と言われているわけです。しかし、実力派のラーメン店においては、必ずしも必須の条件ではなく、逆にろくでもない場所へも新たな人の流れを生み出すくらいの力を持っているんだなと感心します。

客層については、もちろん私のように外部から食べに来る人も多いのでしょうけど、もっと気さくで親しい雰囲気も感じます。

G麺7のグループは、すでに上大岡で3店も展開しておりますが、こちらの通し営業がしっかり埋まっているのは、やはり近隣エリアの民にバッチリ支持されていることの証明かなと感じます。

やっとありつけました! こちらの店舗で力を入れているという餃子です。

ぷっくり大ぶりで、中のピンク色が透けて見えるのがたまらんよね。

餡はしっかり練った肉ジュウシィなもの。下味は思ったよか強くなくて、サイドメニューとしてラーメンを立てる塩梅かな。 皮もサックリもっちり焼けていい感じです。

味噌ラーメンです。

しなやかな平打ち麺。スープは炒めた野菜と鍋で合わせるようなスタイルです。

具にはひき肉そのままでなく、餃子の餡のようなものが入ってて面白い。香味油はバジルなのかな? なんだか不思議な風味です。

もちろん、それぞれのパーツはおいしいのよ。ただ、私にはやや要素過剰で、疲れちゃう感じもするな。あと、だいぶしょっぱかったから、色んな意味で薄めたくなっちゃう。

やはり醤油ラーメンの方が、オッサンの肌にじんわり馴染む感じで、好みです。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました