上大岡の「佐野金」でやきそば定食

スポンサーリンク

駅前にある大衆中華店。

上大岡に通って幾年月が過ぎた私ですが「佐野金」には全然馴染みが無いのよ!

この本店よか、アカフー隣のくたびれた支店のイメージが強かったのだけど、先ごろ閉店しちゃったしね。この日気まぐれに覗いてみたら、いやいや、思いの外に流行っていて、ビックリしたのです。

ぎゅうぎゅう詰まった客席には、駅ビル利用者よりも、近隣ワーカーや年齢高めの常連客の姿が目立ちますかね。

向かい側にあるたばこ屋設置の灰皿コーナーへもゲスな人だかりができておりますが、店内もたいがいモクモクになっており、そういう部分も含め、昭和中華の風情かもしれませんね。

ランチのやきそば定食に完全降伏です。

チャーメンに、ワンタンスープに、餃子に、白飯まで!!!

まさに炭水化物をおかずに炭水化物を食う狂宴に、デブはのけぞります。のけぞっても元からフォルムが丸いから、あんま変わらんのだけれど。

意外なことに、焼きそば自体は飯のおかずになるほどゲスくはなく、わりと真面目な仕上がりなのよ。よく炒めてあり、うまい!うまいな!!

代替として、ほの甘ペースト餡のつまった大きな餃子を酢醤油にどっぷり浸して、オンザライスしますよ。餃子もなかなか旨いじゃん。

白飯はややばっさりでありますが、その分、チャーハンに期待感が高まるわ。

佐野金、良いじゃない! チャーメンが食えるだけでも嬉しいのですが、まさかここで活力ある大衆中華に出会えるとは思えませんでした。 

最後、まだスープが残ってるのに、姉貴がちよっばやで下げていきやがってさ! こちとら口周りが田中邦衛化したもんね!! まだ食べてるでしょーがっ

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました