上大岡の「久野家」でコロッケ、メンチ、アジフライ

スポンサーリンク

カミオの1階に入る惣菜店。

食品については、京急のデパ地下で大体の買い物が済んでしまうので、わざわざ外に出てくることも少ないのです。

でも、駅前にあるパッサージュ上大岡の短い商店街も、実は侮れないのよ。

「とりげ」や「ハマケイ」も軒を連ね、地味に惣菜戦争が勃発する地なんだよね。

こちらはフライや天ぷらなど揚げ物惣菜を扱うお店で、おそらくは再開発前からローカルに馴染んだ存在なんだろうね。

コロッケが旨いのです。

巷のコロッケってば、妙に甘いものに席巻されてしまって、閉口しているのですが、こちらのものは調味を控え、シンプルにひき肉の風味や芋本来の甘味が味わえる仕上がりなのよ。

ヘラヘラなメンチは、肉というよかネギの印象。気安いおかず味で、これはこれで悪くないよ。

アジフライも安いのに立派なサイズじゃん。

家で作るとパスパスになってしまうマカサラも、ほの甘くウェットに仕上がっているのがお惣菜っぽくて好きだな。

日々通える惣菜店として有用だと思います。ご飯詰めたお弁当があると、なお楽チンで良いのだけどなぁ。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました