上大岡の「福鼓樓」でランチセット

スポンサーリンク

東口にある無化調中華料理店。

「萬珍樓」出身シェフのお店です。

京急の裏口から出て5分間歩かないくらいの距離なんだけど、駅に連絡する範囲であらかたを賄えてしまう上大岡では、このちょっとした距離が面倒に思えてしまうのよね。

そんなわけで久々の訪問となりましたが、良き隠れ家店ですよ。

上大岡の中華というと、まず王将、味楽、佐野金的な大衆店が思い浮かぶので、らしからぬ気もしないわけではありません。一方で、たまに山から降りてくるマダムたちのお食事には、こういうシャレた需要も手堅いのでしょうね。

コロナで厳しい折ではありますが、お店が健在であったのは嬉しいことです。

しっとり鶏、卵焼きの切片、プチトマトのピクルスが添えられるミニサラダはお決まりです。

ランチは3種のお料理から選べるセットを主力に、仕入れ次第の鮮魚セットやチャーハンなど。

この日は中華カレーもあって、激しく迷ったんだけどね! また次の機会にしましょう。

一番の楽しみはたっぷりと供される薬膳スープですよ。

この日は冬瓜がゴロゴロ入った鶏ベースのもの。底にも色々沈んでますが、じんわりというよりは結構パンチの効いた味わいでありました。

メインもたっぷりとした分量です。

モロヘイヤやズッキーニ、貝なども入るトマトと海鮮入り八宝菜。

あと、写真撮り忘れちゃったんだけど、とろとろなナスが入る手羽先と春雨の沙茶醤煮込みをシェアして、豪華なお昼となりました。

こちらのお料理は、だいぶあっさりな仕上がりで、どっちかつーとご飯が進まない系なんだけれど、粒だった白飯はそれだけでも旨いものです。

デザートはフルフルな杏仁豆腐。

これもおいしいです。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました