金沢文庫の「カザハナ商店」でシュークリーム

称名寺の参道にある焼き菓子店。

以前は寺前の古民家で営業されていたんだけど、先ごろ、新天地で復活されたようです。ゆきゆきさん、情報ありがとね!

実直な感じの焼菓子を揃えて、ちょっと魅力的なお店なのよ。

以前はカフェでしたが、新店はどちらかというと持ち帰りが主のようで、棚にはとりとりどりのスイーツがならんでいます。また、前よりだいぶ狭くなりましたが、イートインも可能。こちらもかわいらしくセンスの良いスペースになっていますよ。

ただ、店主のお姉さんには、ほんのり厭世観が漂っており、気さくなタッチが憚られる雰囲気なのね。店内の写真もネット公開は禁止とのことで、くれぐれもと釘を差されちゃいました。

でもね、こういうふうに文章だけで勝手な印象を語られるよか、おいしそうなお菓子の写真が添えられている方が良いんじゃないかと思うのよ。もちろん写真も限定的な部分、瞬間しか切り取れないものだけど、第三者にとってみればよほどフェアな判断材料だし、そもそもみんな写真しか見てないからね。提供物が魅力的な分、もったいないなと思います。

まずはカウンターで注文と支払いを完了させる形。準備中に物販の来客があっても、目前の作業が終わるまでけっこう待ってもらってるような感じだったな。良くも悪くも頑なとこがあるんだろうね。

いただいたのはパンドジェンヌというアーモンド粉をたっぷり使ったの焼き菓子です。 これはみっちり焼いてあって、水分取られる系。曜日限定のシュークリームも健在。小ぶりで中身はダブルクリームでした。

どちらも華美な風ではなく真面目。お味もほんのり控えた加減で仕上げてあり、悪くはないですよ。