杉田の「喜楽食堂」で鯖みそ定食

京急線沿いの道をちょこっと戻ったとこにある定食屋さん。

工場の街のお店らしく、
早朝からやっているんだって。

以前、通りがかった時に、
店頭に掲げられた鯖みそ定食の文字が眼に突き刺さってたのさ。 

入って早々、失敗を直感した。

お店は定食屋というより、だいぶスナック寄り。
新参にはちょっとアウェーな雰囲気だったのよ。

小さなホワイトボードにはつまみのメニュー。
壁際には安焼酎のボトルキープが並び、
雑多な生活感が漂う感じよ。

こんな真っ昼間なのに!
先客は半ば出来上がったオヤジだもん!

ママ相手にずーっとクダ巻いてるんだもん!

ママっつっても人のよさそうなバァさんなんだけどね。

お目当てのさばみそ定食はこんな感じ。

チープだよね・・・

チープだけど、大盛りご飯を食べさせる底力を十分に発揮するサバ味噌って偉い!

甘辛なみそ味の具合もちょうど良くて、
普通においしくいただいたよ。

小鉢はこんにゃく煮。

古漬けの白菜がついてて、
これに七味パラリ、醤油チョロリの下町アレンジを施せば、
はっきり言ってこれだけで飯が2,3杯は食えるから!

お味噌汁もおいしかったし。

唯一、ご飯が古めだったのが残念だったのだけど、
まぁ、しょうがないかも。

ここのお客って、飯食わないかも?