戸部の「ベンジー」でダルバート

スポンサーリンク

京急高架脇にあるスパイスコーナー。

移転後、やっと訪問ができましたよ。

野毛や新川町での間借り営業が評判だったお店が、晴れて固定店舗を構えました。

新たなる拠点は京急線がガタゴト走る高架脇の元焼き鳥屋です。

なかなかに渋すぎるこの佇まい。中も見えないし、怪しげなエスニックだし、周辺のご新規さんを容易に寄せ付けない雰囲気も漂いますよね。

でも、安心してください。外観に反し、店内はさっぱり清潔感があり、リーゼントな店主兄貴の他に、女子達が明るく対応してくれるから、何の心配もありません。

しかし、まさか若くて可愛いお姉さん店員がいるなんて、思わなかったさ!

バー間借り時のニッチな仲間内感、お天道様が眩しい感、まだ昨日の酒が抜けてない感みたいな雰囲気を払拭して、お店がぐっと華やぐよな! いやぁ、なんとも立派にならはって。

お料理は平日ミールス、週末ダルバートになるのかな?

メインとなるカレーを数種類から選べ、とりどりの気まぐれ副菜がつく、ワンプレートの提供です。

この日はネパールスタイルの定食で、カシ・コ・マスというヤギカレー、ハンス・コ・マスという鴨のカレーという、コマし過ぎな2種合盛りにしましたよ。

うん、やはり文句なくおいしいな!

噛みしめる感じの山羊肉は、普段なかなか食べる機会がなく、沖縄で食った際はクセなイメージもあったんだけど、こうしてカレーにするとマトンに近くて、普通にイケるわ。つか、現地ではマトン=羊よか山羊という感覚もあるらしいのよ。

鴨もカレーで食べることは珍しい食材だけれど、骨付きのぶつ切りから良いダシが出てて、これもまた旨い。そして、ジンブー風味のホッとするような豆カレーよ。

副菜も含め、塩っけは強くないです。こちらのお料理は、本式の調理をなぞっているのだろうけど、スパイスを振りかざさないというか、エスニックの異をことさら感じさせず、私らでもすんなりおいしくいただけるよう調理されているのよ。ローカライズというより、塩梅のバランス感覚が良いんだろうな。

兄貴の研究熱心も滞りなく、来る度にどんどん引出しが広がっていっているようにも感じます。今後も楽しみなお店なのです。

ちなみにご飯の量は300gまで選べます。隣のババアがマックス注文していた一方、デブったオジサンはこれでも健康配慮しているんだぞって、お姉さんにアピールしたいだけのため、250gにしたのです。

でも、あとから考えるとこの50g減になんの意味があったのか!

色々おかずもあるので、御飯は迷わずマックスだ! ババアが正しいよ!! 

コメント一覧

  1. なんかマニアックですね\(^o^)/チャレンジしたくなりました!

  2. なぜ“ババア”なんていう侮蔑表現を使うのですか?

  3. 面倒くせーヤツだな
    個人サイトのどこに噛みついてんだよ

    BPOにでもせっせと投稿しとけよ

  4. >つぼちゃんさん
    入店のハードルさえ越えられたら、あとはぜんぜん大丈夫です。
    おいしいので、ぜひ。

  5. >匿名さん
    知ってどうするの?

  6. >匿名さん
    BPOは放送倫理・番組向上機構やぞ。。

タイトルとURLをコピーしました