戸部の「㐂月」で喜月最中

スポンサーリンク

西区役所通りにある和菓子店。

藤棚商店街から御所山に抜ける道沿いに和菓子屋さんがあるなぁというのは目に入っておりました。

おそらく「喜月堂」の暖簾分けかなんかだと思うのね。

やはり最中を看板に掲げつつ、お饅頭やすあまなど、気取らないお菓子を気取らない価格で提供中です。

お店に入ると感じの良い爺さんが対応してくれたんだけど、お菓子はどれもおいしそうだし、上生菓子も姿良くて、まだまだ現役として恥ずかしくないお店ですよ。

菊形の種を使った喜月最中。

つぶ餡をたっぷりと挟んで「どうしよう、蓋が閉まらないよぉ」という豪奢なスタイルです。

餡は久々に口にするようなネットリ甘いもの。

私は、ど下町育ちなので、このぐらいパンチがあってもくるしゅうないのです。

紅の方は栗最中となり、白あんのなかに栗粒が散らしてあります。こちらの方が甘みがよりダイレクトに刺さってきますな。

どっちも食べたくて2種類買ってきましたが、1日1個が適量でしょうね。甘み満足度はハンパなし。つか、食べ余すくらいがやはり贅沢なのよ。

今度は他のお菓子も買ってみよ。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました