西横浜の「藤棚デパートメント/月夜と珈琲×Masayo’s kitchen」でティラミス

スポンサーリンク

商店街にあるシェアキッチン。

オープンはつい先ごろの感覚だったんだけど、2018年春なんだそうな。

あっという間に数年が経ってしまうジジイの浦島感覚に海亀もビックリですよ!

まぁ当初は繁く開店もしておらず、何度かフラレれたしさ、その後はコロナで全く山を越えなくなってしまったから、さもありなんか。

いや、坂がしんどいからでなくて、あくまでコロナのせいでよ!

この日は戸部方面からてくてく歩いてきたところ、うららかな週末だというのに、この長い商店街で営業しているお店は数えるほどなのよ。

町の商店街がその役目を終えようとしているのは重々承知なんだけれど、周囲に全く人が住んでないわけでも、近くに代替する商業施設ができたわけでもなく、もうちょいなんとかなるんじゃないかと思ってしまうのです。

きっと単なる需要減だけではなく、各店舗が店主の加齢と運命を共にして、新陳代謝しない構造が問題なんだろうな。

その一方で、新しくお店をやりたい人、近所でちょっとしたお茶やお食事、買い物を楽しみたい人は確実にいるわけで、こうしたシェアスペースの存在によって両者をつなげ、地元の種火を育てるのは良いことだと思います。

昔はもっと身軽に商売を始められたんだもんな。

この日は焼き菓子屋さんとコーヒー屋さんのコラボ店舗でありました。

台にはテイクアウトのケーキやスコーンやサンドイッチなども列んで、通行人たちも興味津々に覗いていたりする風景です。

イートインもできるということで、さっくりお茶をいただいてきましたよ。

まろやかなクリームがトロンと垂れるティラミスには、立派ないちごも添えられ、さっぱりいただけましたよ。珈琲も思いの外、おいしいものが出てきて、大満足。

奥さんが二人、客対応が熟れていない分、あたたかさもあったり。お料理もどことなく手作り感が残る部分がむしろ、他店では得難き魅力であり、私は好きですね。

諸々厳しい状況が続きますが、順調に運営されているらしく、この先、スケジュールもびっちり埋まっておりました。心強い限りよ。

次はどんなお店の時に寄れるのか、今から楽しみです!

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました