鶴見の「こめ蔵」でおはぎ

スポンサーリンク

久々にやってきました、本町通りの商店街です。

この荒寥感。錆びたシャッターがひらすらならぶ、寂びた風景。

かつての隆盛を留めるものはどこにも見当たらず、周辺の消費需要をひっかき集めても、せいぜいマイバスケット一店で事足りる程度やろという現実がもの悲しくもあります。

そんな本町通りで、唯一動きが見られるといってもいいのが、こちらの店頭。

なんでも、マツコの番組にとりあげられて、まさかのブレイクを果たしたんだそうですよ。そういえばそんなお店もあったようなと、うろ覚えで歩いてきました。

本来は餅菓子屋さんだったのでしょう。ただ、昨今はおはぎの対応だけで精一杯になってしまったようで、品数絞り半ばシャッターを閉めつつの営業です。

お店の方もご高齢だったから、興味ある方は急いだ方が良いかもな。

おはぎ! でっかいなー! 渡されたパックがずっしり重たいのよ。

お菓子屋さんの商品というよりは、どこぞの農家の手作りみも漂わせるような、親しみある風合いです。こと、おはぎについては、あまり上品に整ったものよか、こういう大きなものを存分に頬張るのが豊穣なんだよな。

甘さも一歩手前で踏みとどまっているため、この大きさでもぺろりと食べることができますし、ずっしりとしたお豆の粒子を存分に味わえる塩梅。さすがの技といえましょう。

中のもち米もウエットな状態でちょうどよい柔らかさ。なるほど、これは評判通りの旨いおはぎです。すっかり満たされました。

なお、こしあんのおはぎもあるんだってよ。

おはぎの他は、お赤飯といなり寿司が見えましたね。

お揚げは、江戸らしく良い色に煮しめられておりますな。お味も甘辛強めで、パンチがありますよ。

コメント一覧

  1. ほぉぉ!
    ばーくは行くのためらいますが笑
    ここは良いですね!
    今度突撃してみます!

  2. >のりりさん
    売切閉店もあるようなので、お早めに。

タイトルとURLをコピーしました