鶴見の「ばーく」でハムカツ定食

スポンサーリンク

西口にある京浜な洋食店。

いつの間にか両隣がところてんのようにと抜けており、じわじわと追い出しの圧もかかっている高架下の店舗街であります。

久々にやってきて、目を疑ったわ。

まさかのばーく大行列かよ!!

いやいや、お前ら、むしろ向かいのパキスタンカレーの方がよほど旨そうだろよ?

たしかに鶴見らしい個性的なお店ではありましたが、どっちかっつーと前時代的で、粗いとこもあるような大衆店の印象です。それが近年、メディア等に露出することも増えて、人気店になっているようなのね。すっかり成り上がったな。

レストランというよりは、ギットリ使い込んだ古食堂というべき、小さなお店よ。作業着姿のあんちゃん達が大盛り飯をかっ食らう小上がりの窓からは、ぬるい風と電車のガタンゴトンという音・・・

しかし、今はノスタルジィにしっとり浸れるような雰囲気ではありません。お昼の店内は大回転よ! ひたすら列んだ後、予め行列中に通しておいたオーダー品が卓上にセッティングされたタイミングで席に案内されます。この人気だと、客席の密や相席は、どうにも回避しようがありません。

看板はハムカツ定食です。

いや、かつてこんなに注文されてたかなってくらい、ハムカツを食ってるお客さんの姿が目立ちます。

もちろん、ネタフルな存在として界隈には知られておりましたが、日常的に注文するものではないもんね。しかし、その蛮力の振り切れゆえ、評判が越境してお客さんを集める結果になったのでしょう。

しかしまぁ、凄まじいわな…

この厚さの肉塊を食らうのは大っ変よ。一片が凶悪に重たいから。後半は箸を持つ指がすっかり疲労して、辛かったわ。

ただ、サクッとした薄衣の上からかぶりつくと、これが意外に柔らかいのです。水分多めというか、プリッとライトなハムであることに、ここでは逆に助けられます。

一応ソースもかかっておりますが、これは胡椒代わりのアクセント機能。当然ながら、ハム自体のお味で十分に食べ進められますし、むしろ、過剰な塩分が着実に蓄積されるので、煮詰まった味噌汁が鬼しょっぱいのがきつい。

ご飯くらいは自制しようと少なめオーダーにして失敗した。このお店ではまじ半量になるので、ハムカツの場合は、クッションを失ってだんだん辛くなるから注意してね。せん切りキャベツが命綱です。

私も自分の限界を知るお年頃よ。半量の2枚定食で十分なのは分かっていた。しかし、絵面を優先して4枚頼んでしまう駄目な習性。ただただネットで褒められたい欲求なのです。

現実的には、こんなにハムを食いたい人もいないわな! 薄いのを3枚も重ねれば、十分よね。もしくは、ミックスフライにでも1片混じれば、それだけでも超嬉しい気がします。

コメント一覧

  1. 鶴見にいらしてたんですね。しかも駅前~本町通り~レアールつくの商店街とは、かなり移動したんですね。
    私は鶴見に引っ越して数年になるんですが、未だに桃林、やーじ小、てんか、ばーくに行けていません。近くていつでも行けるとなると、逆に足が遠のいちゃうんですよねえ

  2. 先日の土曜日、数年ぶりにヤージ小に行ったら大行列でした。
    コロナなので旅行気分(自分も)味わう方が多いのですね。

  3. えっ、今ってこんな事になってるんですかー!ウケる。
    昔は女1人で入るのに激しくためらうほどの労働者臭だったのに!
    10年以上行ってませんでしたが、これはこれで入るのためらいますわ。

  4. 鶴見で、ここを見ますが、最近はなんか混んでますね。鶴見だと、結局、しゃぶ葉にいってしまいます。

  5. >エビオスさん
    わかるー
    でも、行っておいたほうがいいよ!
    特に桃林とかレマーリはこの先ずっと営業してくれるかもわからんし。

  6. >匿名さん
    近所で沖縄旅行気分を満喫できるのは良いですね。
    人気店については、混雑を嫌って足が遠のいていた地元のお客さんが戻る傾向もあるのかなと思います。

  7. >kaoさん
    女一人が似合わないのは相変わらずですが、ご夫婦やカップル、職場の同僚と訪れる女子の姿も見られましたね。

  8. >ぴーさんさん
    鶴見なら、たくさんグルメスポットあるのに!

タイトルとURLをコピーしました