石川町の「かばのおうどん」でかしわおうどん

西の橋の袂にあるうどん屋さん。

元町来て、なんか軽く食べたいけど、
中華やラーメンは嫌だなって時に思い出すお店です。

ショッピングモールに入っても違和感がない整ったお店。

その後、関内に支店もできて、
それがなぜかお寿司屋を併設していたり、
ちょっと面白く展開していますよね。

私は久々に入ったのですが、ちょい飲みにも対応したり、
メニューもいろいろ多彩になっているようですよ。

うどんはそこらの蕎麦屋よりそれっぽいけど、
マニアックなエリアの一歩手前って感じかな。

ただ、主力があらかた大台を超える価格設定になってきており、
ラーメン屋感覚で肉汁うどんをすすれるような気さくさは薄れているみたい。

そうなってくると、お店への印象もちょっと変わってくるのかなぁ。

6種類のキノコが入ったきのこ汁うどん。

つけ汁が多いせいもあるんだけど、
きのこは味や風味というか、歯ごたえ要因で、
もう一歩食べごたえがほしいところ。迷うなら肉汁の方がいいでしょう。

そして、大失敗!
そういえば、うどんは2玉まで増量サービスだったけ!

メニューに書いたあったっけか?
お姉さん、いらんオプションとかきっちりセールスするのに、
麺の量は聞いてくんないんだもん!

注文時以外はダメって書いてあるので、涙の塩味と啜ったわ。
こういうつけ麺ならば、2玉は余裕のデブですよ!

こちらは温かいかしわおうどん。

シーチキンのような鶏のほぐし身が乗っています。

無添加というやさしいおダシを味わえ、
風邪ッピキに食べると良いような気がしますが、
器がムダに大きい分、見た目はちょい寂しい印象ですね。

うーん、当初よりは愛せなくなっちゃったかな。