【移転】石川町の「カフェ 亀の橋」でドーナツセット

「アルプス洋菓子店」隣の2Fにあるカフェ。

某横浜本の地図がインチキだったために、
全然見つけられなかったYO!これだから関西人は!

090607-036

お店はほんとにこじんまりとした自室改装型。
なぜか昭和レトロな音楽が流れ、マッタリなお茶が出来たよ。

週末だったんだけど、この時のお客は私一人だけ。
そもそも数人しか入れないんだけど、満員になるのかなぁ・・・

厨房は3Fにあるらしく、店のアンちゃんがパタパタと行き来してる。

090607-038

本で読んだドーナツセットをいただく。

カフェドリンクを中心ににお酒やつまみ、ちょっとしたお食事も出来るみたい。
パフェやピザも気になったわ~

ドーナツは小ぶりだけど、ちゃんと揚げたてを出してくれる。
プレーンと胚芽?2種類ついてるんだから手が込んでるよね。
サクぽくで素朴なおいしさだよ。好きだよ。

コーヒーもおいしい。
小さなクッキー付きなのが良い。

音楽マニアのとっつきにくい店かと思ってたんだけど、
全然そんなことはなく、アンちゃんも優しげだし、ほんわかできるよ。

良いお店じゃん。
儲からなさそうだけど!

レクタン大

コメント

  1. かんべえ より:

    おお、いかれましたか!
    わたしもあれからまた行きましたが、再度貸し切り状態でした。
    3階に続く階段には手塚治虫とか諸星大二郎の本が並べられてて、これを一冊ずつ読んでいくのも楽しかろう。と思いました。ちょっと古めの判型で並んでいるのもいい感じです。二度目に行ったとき、わたしは『妖怪ハンター』シリーズの未読本を読んできました。

    ついでですがカフェ・ディ・マーレもケーキセットに行きました。
    つぎは食事と思っているのですが、漂うオシャレ感になんとなくしり込み・・・。

  2. 管理人 より:

    >かんべえさん
    すっかり迷いました・・・
    3階への階段は覗けなかったぁ~
    ちなみに諸星大二郎、知らなかった・・・ほら、世代が、ほら
    ちょっと読んでみたいのですが、どの辺から入門すれば良いのですか?

  3. かんべえ より:

    ほんまさん

     モロさんは世代を越えたスタンダード! と言いたいところですが、わたしも全部フォローしているわけではありませぬ。

     初期の『生物都市』(デビュー作が表題に)、『暗黒神話』、無印の『妖怪ハンター』、SF短編集『アダムの肋骨』などは今でもたまに読み返します。最近の作品では『栞と紙魚子』を楽しみにしています。
     とりあえず、自選短編集が文庫で二冊出ていますのでここからいかがでしょう? 『汝、神になれ鬼になれ』と『彼方より』集英社です。

     カフェ 亀の橋は三階まで登ってもちょっと楽しいですよ。またの機会があったら。

  4. 管理人 より:

    >かんべえさん
    漫画っ子のイメージ無いのになぁ!
    了解!次回亀茶するときに探検してみます。

    ところで駅近くのパワーストーン屋の2Fにあるカフェはどうですか?
    すごく怪しげで気になっているのですが?

  5. さみぃ より:

     まさにわが近所、すぎて帰っていかない。
    家人は勝手に前から行っており、音楽関係のチョイスの面白さを言っておりました。諸星大二郎があるんだあ。行きます!

  6. かんべえ より:

    ほんまさん
     駐車場そばのあのお店ですね。じつはまだです。
     よし、今週中に・・・!

    さみぃさん
     横レスすみません。
     マンガ、ほかにもガロ系というかいろいろありました。音楽も、リクエストに答えてくださいましたよー。

  7. 管理人 より:

    >さみぃさん
    あの場所ですもんねぇ。
    ちゃんと商売になってるんでしょうかね?
    ぜひ、応援してあげてください。
    横浜本の奴らもよく調べたな。

    >かんべえさん
    レポを期待してます!
    スピリチュアルすぎるカフェだったら困るけど。