石川町の「旭酒楼」で中国風カツ丼セット

地蔵坂のたもとにある中華屋さん。
詳細は知らないけど、昔からのお店だよね。

私もかなり昔に何度か来たことはあったんだけど、
通る度に、この場所でよく続いてるよなぁと思ってたんだわ。

お昼時はお客さんもパラパラ入っているようだ。

店構えはここらにそぐわぬモダンさ。
ただ、奥行きは浅いので、こぢんまりとしたお店よ。
中は比較的落ち着いた空気が流れている。

ここはいわゆる町中華店ではなく、
中華街のお店とタメはるような価格帯なんだよな。

季節メニューとか、それなりに本格お料理してるんだけど、
ランチもどこぞのオサレビルで食うような水準なので、ややとっつきにくいかも。

以前から気になっていた中国風カツ丼。
目下、かつ丼調査キャンペーン中なので、押さえておかねばなるまい。

ランチではミニラーメンとデザートが付いてくる・・・・
・・・と思ったら、丼自体もミニサイズだったのか!うかつ!!

てっきり、よくあるパイコー揚げに卵あんかけをしたもんだと思ってたんだが、
薄目のカツはしっかりパン粉のタイプだったわ。
そこに濃い塩味の餡がかけられている。
なるほど。

お味的には全く違和感なく、餡もややゲテなので、かつ丼感は十分ある。
もうちょっとたっぷりしてればいいんだけどね。

ラーメンは澄んだスープの魅力的ルックスなんだが、
やっぱり、塩や魔法の粉が強すぎて飲み干すことは難しそう。

杏仁豆腐は結構おいしいよ。
お茶はポットでたっぷりと。

ずいぶん間が開いてしまったので、ご無沙汰の理由すら忘れてしまったのだが、
本気路線で行くには調味がゲテすぎ、かといって大衆化する値段でも無い、
やっぱハンパな位置ってことだったんだな。

中華街の混雑をこよなく嫌う地元の爺が通ってるのかしらね。

コメント

  1. 曙町 より:

    ええ、不思議に続いてる店ですねえ。
    本日のお奨めの黒板に従いたくなるような。
    今じゃあ、車を停められないので行くこともなくなりました。
    しかし、横浜下町住民には静かにもてている場所なんですよね。

  2. 管理人 より:

    >曙町さん
    知る人ぞ知る穴場っぽさがウリなんでしょうね。
    そういう性格なら、石川、中村風でなく
    もうちょっとナチュラルな味付けでもいいような気がします。