石川町の「ラトリエ・ドゥ・アンティーク」でデコレーションケーキ

スポンサーリンク

リセンヌ小路にあるパティスリー。

閉店した新横浜「ラ・ピエスモンテ」のシェフパティシエだった方のお店なんだそうな。

nanさん、オススメありがとね!

以前はパスタチャンピオンのやる気のないイタリア菓子店が入っていた場所。

その後、あのアップルパイが中華街やらで爆売れしてるっていうのだから、つくづく立地や俗な売り方の工夫は大切なんだなと思います。

パスタチャンピオンはジェラートのワールドカップで日本代表チームの監督をしていたんだそうで、出場選手だったこちらの店主とつながったのかなという話です。

お店は店名に掲げたアンティークのように、小さいながらも重厚な体裁に変わっております。

ケーキ、竿型の焼き菓子、マカロン、メレンゲ、どれもおいしそうなルックス。一度、試してみたいなぁと思いつつも、いつでも買えるからと後回しになってしまうパターンでした。

今回はバースデーケーキを買ってきました。

店頭でこういうホールケーキを買えるお店は貴重になっておりますよ。まぁ、毎日、誰かしらかの誕生日なのでありますが、生活様式も流通も多様化しており、皆でケーキを囲む機会は少なくなってきているのかもしれませんね。

こちらも当初はアーステックなホールケーキを並べていたような覚えがあります。しかし、我々昭和世代の脳裏には、いかなる季節においてもいちごのショートケーキで祝うものだという意識が強く染み込んでいるため、どうしてもベタを求めちゃうんだよな!

このデコレーション。新鮮作りたてって感じでもなかったのだけど、程よいサイズでおいしかったから、良きお祝いになりました。

優しいお味のクリーム、上品な香りのスポンジに、シロップにくぐらせたいちごスライスがしっぷり挟まれており、なかなかのお味です。

たぶん、他のケーキもおいしいだろうね。

来年はきっちり予約手配を忘れない有能なおじさんになりたいなぁ。

コメント一覧

  1. ここのケーキはどれも美味しそうなんですよね〜
    ムース系が多かったけどスポンジ系もあるんですね♪

  2. >とらがりさん
    そう、美味しそうなルックスを維持してますね。
    はじめは気張ったものをならべてても、だんだんイチゴショート的なもんへローカライズされていくものですが、やはり石川町は一味違うんだな。

タイトルとURLをコピーしました