石川町の「金米堂本店」でいちじくようかん

スポンサーリンク

川沿いにある和菓子店。

明治創業の老舗なんだけど、町場のお菓子屋さん的気さくさも漂うお店です。

看板商品の梅どら焼き等、個人的にはいまいちで、店頭の餅菓子とかを買って帰ることが多いのですが、この時期は忘れてはならない逸品があります。

それがこの、いちじくようかん。

羊羹といっても、一般的などっしりタイプではありません。水ようかん的というか、ゼリー的というか、ダルンとした軟らかい仕上がりなのです。

”冷菓” とありますが、よく冷やして食べるとおいしいですよ。

いちじくのシロップ煮を、ワイン入りわらび羹と水ようかんで挟んだ構造です。

ご覧の通り、さっくり切れず、上下も分離しやすく、ヘタりやすい。決して美しいとはいえない形状なのですが、お味はすごくおいしいのよ。

いちじくはわりと繊細な素材ですが、果実感をほどよく残した煮加減で風味や味わいが楽しめます。ワインや小豆も出しゃばらず、いい感じに脇を支えていますし、軟層だから、いちじくのサックリな食感も残ります。

まさにいちじくを主役に立てた、いちじく好きは絶対喜ぶであろうお菓子なのです。

これはオススメ。

なんなら羊羹ではなく、カップデザート風に仕上げても良いのかなって思ったりもします。でもまぁ、旬が限られてるから、ある程度作り置きできる方がいいのか。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました