元町の「香炉庵 茶寮」で香炉庵あんみつ

代官坂の入り口にあるちょいモダンな和菓子店。

開店して、10年も経ちましたか。
当初は元町ブランドに擦り寄ってきた軟派の類だと思ったのですが、
着実にお客さんを増やし、商業施設への支店展開も順調みたいですね。

かつてお店の一角に喫茶コーナーがあり、
コジャレた甘味を出していたのですが、
やがて閉鎖してしまい、残念に思っていたのですよ。

先ごろ2階の蕎麦屋の後釜として、新たな喫茶室をオープンさせ、
ショッピングの疲れを癒やすヲバさま達で賑わっております。

席は比較的ゆったり。
メニューにはオーソドックスから若干捻ったような甘味がならび、
価格はちょい高の設定かな。でも、許せる。

香炉庵あんみつ、いいじゃないですか。

あんみつというのは基本シンプルな甘味ですが、
こうして見た目鮮やかな方が嬉しいよね。

あんこの代わりにユルめの水ようかん。
抹茶寒天と蜜煮の小豆が散らされ、
最近こちらで売り出してる、ドライフルーツが刺さっていますよ。

お味的には取り立ててどうって話でもないのですが、
ミニ白玉ぜんざいもデフォでついて、大満足なのは確かです。

一方、大椀に浮かぶわらび餅は、
パック品を雑にぶつ切りにしたもので、期待はずれ。

もう少し美観に気を使ってほしい価格帯ですよ。

蜜の他に季節の柑橘果汁が添えられており、この日はすだち。
これが黒蜜とも違和感なく、さっぱりしてなかなか良いです。

ただ、いろんな食べ方を試せるだけの分量がないのも寂しいところ。

煎茶と梅ジュース。
ドリンクは欄の中から好きなものを選べます。
セット売りを基本に、ある程度の客単価を稼ぐ作戦でしょう。

ちなみにこの日は元町のスィーツフェスで、
実質半額サービスの変わりわらび餅があったみたいなのですが、
メニューに告知はなく、オバちゃんの案内もなし。

会計の段になって、レジ横のミニ看板で知るという無念。

ちょっと、やさしくないよな!