【閉店】元町の「テンガロンハット」でポップコーンパフェ

川沿いにあるグルメポップコーンのお店。

元町に出店といっても、あんま楽な商売ではなさそうだな。

仲通りはだいぶお店も増えてきたけど、
海岸通の方を歩く人はあんまいないもんね。

店名通り、ハットをかぶったオジサンが店頭で黄昏れていたので、
チャリンコを駐めて、寄ってみたしだいです。

フレーバーは定番6種と季節2種?
それもアメリカっぽい名前がついてますが、
お味は基本的なラインから出ていない感じ。

スーパーと比べるとあれだけど、
元町土産としては手ごろな部類かな。

そして、私が気になっていたのはポップコーンを使ったパフェ!

オジサン盛りすぎだろ!
ぎゅうぎゅうに乗せてくれたわ。

パックひねり出し式ソフトの上下にポップ。
そんでもってダメ押しに市販のソースをかけまわしたもの。

ポップとソースは
それぞれチョコとキャラメルの2種から選べるのですが、
欲張っては2種のミックスというのもありです。

パフェの上げ底として また食感のアクセントとして、
コーンフレークなりクランブルなりを入れますが、
こういう飴がけされたポップコーンもアリアリ。

アイスで冷えてカリッと食感がより良くなるし、
風味や味もリッチだよね。

予め味がついてるので、ソースは余計かも。
これだけ入るならポップの味だけで十分だと思ったよ。

でも、そうするとちょい面白みが減じるから、
具として、もう一要素欲しくなるかもね。

ありものでやっつけるんじゃなく、
もう一歩本気で取り組んでも面白いかもしれないよ。

テイクアウトといっても、ゴミを捨てる場所もなく、
店内にスペースもないので、前の川沿いで食うことになります。
その辺もちょい上手くないな。

パフェだけじゃ悪いかなと思って、お土産も摘んでみたよ。

お店の一番人気はありがちなキャラメルではなく、
紅茶葉の散らされたティーキャラメル。

冷蔵庫でさらに冷やしてもいいらしいけど、
カリカリの軽い食感が心地良し。

紅茶の個性はそれほど強くないんだけど、
後口にほんのり香って、ベッタリしないから、
もうヒョイヒョイが止まらない!

しょっぱい系はオレゴンダブルチーズ。
こっちは噛むともっふり。

定番のチェダーの他にゴルゴンゾーラも混じってるらしく、
独特の風味とコクが加わり、ワインなんかにもあいそうよ。

カスタムフィールド
レクタン大
レクタン大