元町クラフトマンシップストリートの「フードフェア 2014」

スポンサーリンク

元町裏で行われる食フェスタ。

今回で14回目とのことで、各位お疲れ様であります。
すっかり浸透して、毎年、賑わいが増しているような印象ですね。

やはり、すごっい人出です!
食べ物という万人に開かれたコンテンツの威力は侮れないな!

裏通りは狭く、落ち着いて食べ歩ける環境ではないのですが、
ぎゅっと凝縮されている分、人混みの活気を感じることは出来ます。

お祭りだぁ!というこの高揚感が、お財布の紐を緩めるのですよ。

お料理は食べ歩き用の小ぶりサイズで、
冷静になって吟味するとちょい割高な感じはありますが、
各店の味と趣向をちょっとずつチェックできる機会は貴重。

もともと敷居の高いお店は多くないとはいえ、
数が多い分、近隣在住でも盲での新規開拓は大変だもん。

今回は本通りの方にも喫茶会場が設けられましたね。
飲食スペースは全く足りてないのでありがたいのですが、
表商売の邪魔にならないよう席数はそれほど設定されておらず、
同じメニューの重複販売だったりで、まだまだ上手く運用されていない様子。

ただ、この調子で規模が拡大していけば、
いずれ裏通りだけでは収容できなくなるのは見えているので、
今後、本通りとどう連携していくかも考える必要がありそうです。

まずは主役の「霧笛楼」から。

毎年、ものすごい行列ができる人気店ですが、
仕込み量も半端無く、さばきも手馴れているので、
一度流れてしまえば、それほど待つこと無くゲットできます。

やまゆりポークの網焼き 粒マスタードソース 横浜しずはまキャベツ添え

豚は柔らかく脂が甘い!
育ちの良さがあらわれる逸品でありました。
キャベツというかジャガが嬉しいわ。

同じく、オマール海老と一戸産椎茸のフリカッセ サフラン風味。
今回のフェスに出店した一戸とのコラボ品でしょうかね。

海老はプリっと、殻の風味のスープは濃厚。
やっぱし、屋台食らしからぬリッチなお味であります。

まぁ値段も立派だけどな!

やはり鉄板店である「ドゥ・エピセ」の黒毛和牛煮込み。

大ぶりにカットされたお肉は噛みごたえがあって、
いわゆる和牛らしい軟らか煮込みではないのですが、
トロリとした中華味噌味は実においしいです。

「三郎寿司」のサバ寿司。

特に何かあるわけではありませんが、
こってりが続いた時にサッパリとした口直しになります。

とはいえ、サッパリを求めて、〆サバを選んでしまうところは、
カロリーの呪いに縛られたデブらしさ。

新店「元町洋菓子研究所」のチーズドック。

トローンなソース、たっぷりと溶岩掛けされてるもんだから!!
無視して通り過ぎることが出来なかったわ!

お味的にはまぁ普通なんだけど、ケチってないのがイイ!
つか、パンから溢れたチーズが薄紙越しに手にかかってドロ熱い!!

同じくチーズタルト。
お菓子屋さんとして、メインはむしろこっちだろうと。

見た目や食感は満点です。
ただ、お味としては今一歩のキレや風味がほしいかもね。

「リオスボングスタイオ」は「サローネ」の関連店だったのか。

ボルケッタ ノスチャ風は、豚をハーブ風味で皮目カリカリに焼いたもの。
シンプルなもんだけど、シンプルに旨いです。肉食った感あり!

ここではもっと色々買っておくべきだったわ。

「ポンパドゥル」のスープつけパン。

他の客に余りまくったつけパンを
バンバンおまけしていたのに釣られたら、
デブにはナンもくれなかったよ!ナンは焼いてないよ!

同じく、食券使い切れなくて買った棒ドーナツ。

ギュッとしてて重いんだけど、
甘味は控えめなのでいまいちピンとこない味。

ポンパはこのイベントでしか焼かない限定パンを作ってもいいよね。
もしくは端からお土産向けに作る福袋パック。

ここも新店かな?「et motomachi」

京野菜の素揚げを散らせたカレー。
牛すじの出汁で作ってあって、取っ付き易くウマかったわ。
値段も手頃でなかなか満足感高かったお店です。

「ラ・ティエール」のアップルパイ。

門外不出!とか絶品!とか、スゲー煽りなんだけど、
柔らかく甘煮されたリンゴがスッキリ味でグー。

アイス添え良かれ悪かれで、
うかつに持ち帰れず、その場で食うしかなかったよ!

「本丸亭」のミニまんま丼。

全然ミニじゃなくてさ!
お祭り内のCP最強はこの品だったかも。

豚片もたっぷり入って剛毅な丼です。
ただ、脂が冷えてて、そのまま食うのはちょい辛く、
持ち帰ってレンジしておいしく食べたよ。

新店「コペラ二」のマラサダ。
やはりチケットが使い切れなくて!泣く泣く!

ここのはクシュッとした軟らかさもなく、
まさに具のない揚げパンであった。

最後に「ユニオン」のポークチャップ。

せっかくのお祭りでユニオンかぁ・・・と思いがちだけど、
毎回、意外とガチなもん出してるよね。

今回目についたのは2cm以上はある分厚い骨付き豚グリルよ!

頃合いに柔らかく焼かれていて、
ブリっとした脂身にいかにもなBBQソースが好相性で!

これが実に旨かったの。
今回の大賞はユニオンの豚に決定です!

この他、人気だったのはJパスタのナポリタン、
大木のコロッケ、ベベ、茶壺、カオリズという定番のお店。

オムライスの実演を止めたエルエラがたちまち凋落してしまったのには驚いたわ。
やはり、店への支持の他に、その場での演出がモノをいうなと思ったよ。

また、今年は石川町側のリセンヌ小路でも
同様のフェスが行われた関係で例年以上に賑やかでした。

来年以降、どのように連携されていくのかも注目だね。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました