元町の「喜久家菓子舗」でスイートポテト

スポンサーリンク

みんながイメージするほど古いお菓子屋さんが残っていない横浜では、貴重なレトロスタイルの洋菓子店です。

元町の街を歩くこともそうでしたが、幼少の頃にいただいたラムボールのお味は、大人の世界へ背伸びする鮮やかな記憶でありましたね。

そんなラムボールも昔よかもっさりしたような気がするのよ。

ただ、世の中には美味しいものがどんどん増えていますし、衰えているのはお店なのか、私のなのか、後者である可能性が高いのでなんとも言えんところよね。

定番品を変わらず作り続けるだけでなく、気になる新作が見えたりもします。

コロンとしたスイートポテトもその一つで、ラムボールと一緒にお土産にするにはちょうどよいカワイイ形状なのよ。

芋が混じっているのか、バッサリもっそりとした皮で、ラム薫る芋バタークリームを挟んだもの。お味もはっきりしないし、正直、いまいちなのです。

これをイレギュラーとすべきか、パティスリーとしての地力を見るのかは、それぞれの判断でしょう。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました