元町の「喜久家洋菓子舗」でプリンデラックス

スポンサーリンク

元町にある西洋菓子店。

横浜らしく喫茶が出来るのって、どこのお店なのかなってテーマよ。

昔からのお店が少ない横浜において、
大正創業のこのお店は代表的な老舗といえるでしょうね。

元町ショッピングのお土産として、ラムボールを買うのはド定番!

でも、喜久家でお茶する機会は、そんなに多くないんだよな。

ここは扱っているお菓子も時が止まったようなものばかりだけど、
お店自体も昭和の匂いを残した、今やチープともいえる体裁。

2Fは週末や繁忙持のみの開放で、
普段はレジ脇のチンマリとした場所が飲食スペースとなります。

豊かな喫茶タイムを過ごせるかというとちょい不足。
実際、お茶するお客もそんなに多くないような印象だよね。

この日、昭和な雰囲気のオッサンウェイターに注文したのが、

プリンデラックス!
いわゆるプリンアラモードなんだね。

ぶっちゃけ、垢抜けないルックス。

でも、果物もそれぞれちゃんとおいしいし、
レトロなプリンの風味はとても香ばしくておいしいのよ!

変に近代化しないからこそ保てる魅力だよね。

でも、立地も良いわけだし、
はったりきかせて喫茶にも本腰入れれば、
「十番館」程度は十分に狙えると思うのだけどなぁ。

その辺はちょっともったいなく思います。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました