みなとみらいの「天府城」で天府の国発祥 エビチリ炒め

グランドセントラルタワーに入った中華料理店。

「福満園」のグループ店みたいだね。

買い物に寄ることも多いMM地区ですが、
飲食店が数多ある割に、これといったお店が無く、
むしろ絶対に入ってやるものかっつー店ばっかなので困ります。

しかも、週末なんかは埼玉県民ですんげー混んでて、
なんちゃって店にすら行列が必要だったりするもんだから、
マブでゲンナリするのよ!

一方、こちらのビルはやや外れた立地に、
立派なレストラン街を擁しており、ちょっとした穴場になっています。

なにげにミシュラン店やらも紛れ込んで、それっぽくも見えますが、
個々を吟味すると、やっぱそうでもないという微妙ラインなんだけどな!

さて、このお店は北京ダックやフカヒレを看板にしていますが、
実際は刀削麺や定食ランチで売ってるような感じかも。

それなりに綺麗な作りだし、
時間を気にせず、ゆっくりするには良いのでしょう。

メニューは四川料理を中心に、
「福満園」の各店からいろいろ取り混ぜた総合スタイルです。

推しメニューの一つであるエビの大葉包み揚げ。

文字通り、エビを大葉と皮で巻いて揚げただけの塩味で、
過不足無く、そのままの域を脱しないお味です。

エビチリはトマトを使わない本場風のものを予想したのですが、
こんなものが出てきましたよ。

マーボーの豆腐の代わりにエビが入ったような?

ちんまりなエビには何ら存在感がなく、
もはや挽肉料理になっていて、しかもしょっぺーわ!重いわ!

こちらはじゃがいもと牛バラ肉の炒めなのですが、
油っぽくてしょっぱくて、ピリ辛というお味の系統がエビの方とクリソツ。

じゃがいもは冷凍品なのがグズグズです。

値段の割に、一皿のボリュームはたっぷりサービスだと思いますが、
このクオリティだと、逆にあんま嬉しくないかもね。

海鮮焼き刀削麺は大衆チックな分かりやすいお味。

比較的あっさりなので、
これで料理のしょっぱさを受け止めようとするのですが、
うん、やっぱキツいわな。

五目そばもやはり分かりやすいお味で、
この中では比較的まともに思えてしまうのが怖いとこ。

結局、MMレストラン街の中華店なんだという相応な感想です。
背伸び気味のロケーションやコンセプトは虚構だったんだなと分かりますよ。

「福満園」はもうちょい手堅いイメージだったのですが、
それも中華街の中だけなのかもね。