みなとみらいの「ボンドルフィ ボンカフェ」でアラゴスタソフト

けいゆう病院の隣にできた、よく分からん名前のカフェ。

イタリア、ローマの老舗店が、代官山に続く2号店を横浜に出店するのは分かる。
でも、なんでまたこんな場所に!こんなお店を!って思ったわ。

場所はパシフィコの通りを挟んだ向かい側。
ショッピングや観光のお客は流れてこない場所だし、お店としてもあまりアピールしてないので、タワマン内のサロンなのかな?って勘違いしちゃいますよ。

実際、近隣に根付いた住人や高級ワーカーをターゲットにしてるのかもね。
この日は平日の午後だったこともあり、お客はパッラパラでしたわ。

若干のハイソは漂いますが、よくある感じのセルフコーヒースタンド。
ただ、レジ脇に列んでいる焼き菓子なんかはイタリアっぽくて、おいしそうだったな。

本来はエスプレッソなぞを小粋にやっつけたいところですが、なにやら変わったソフトクリームがあるということで、初手はそっちを攻めてみることにしました。

可愛くデコレーションされていますし、風味も良くて、なかなかおいしいソフトであります。ちなみにどんなに可愛くともデブは容赦なく食いつきます。

しかし、ポイントはそこではなく、持ち手の部分!
ナポリの郷土菓子であるところのアラゴスタがコーン代わりになっているのですね!

クシュっとしたシュー皮にパリパリの羽がついてるような面白い食感。
薄い生地層を巻重ねながら形を作るらしいのですが、パイやクロワッサンよりも、バリ感が強いです。

さらにアラゴスタの中には軽めのカスタードも詰まっていて、いわゆるハイブリッドスイーツになっているのですよ!

はじめは、ソフトにしては高ぇ!代官山くずれは頭が高ぇ!と思ったのですが、これならば満足かも。

この日はあんま時間無くて、ゆっくり見てこれなかったんだけど、この辺にしては結構良さげな感触もあったので、人混みを外した穴場として、活用できるかもしれないね。

レクタン大

コメント

  1. つちころり より:

    ブランズタワーはデベが東急でしたね。
    代官山といえば東横線、都内ルサンチマンを感じるセレブやワーカーにはウケが良いかと。
    混み過ぎず、良い感じでマッタリできる空間であってもらいたいもんです。

  2. 管理人 より:

    >つちころりさん
    ああ、なるほど。
    社長が東急不動産出身って事情も絡んだ出店なのかもね。
    ゆったりできるほどのキャパはないんだけど、今後どうなりますかね。

  3. 匿名 より:

    お前が知らないだけだよ笑
    イタリア料理店でもフツーに使われているコーヒーだ。
    勉強が足りないな。
    勉強しなさい…勉強‼︎

  4. 管理人 より:

    >匿名さん
    心身が衰え、もう勉強なぞ頭に入らなくなっている歳ではありますが、私相手のマウンティングで悦に入るような人の存在が心を温めます。そもそも何に文句つけてるのか分からないしな。

  5. 下町そだち より:

    たかがお茶するのに勉強しなきゃ!とか思っちゃうのは地方出身のマジメな方ですかね
    なんで(体型的にも)ユルいブログを読んでいるのか不思議だなぁ

    それはさておき管理人さんはメタボに留意しつつも
    今後も食べ歩きの足跡をよろしくご紹介ください……役立てさせてもらってます

  6. 管理人 より:

    >下町育ちさん
    今もう一回読み直してみたら、ボンドルフィのコーヒー豆がイタリア料理店で使われることがあるのをオレは知ってるんだぞって話だったのか。いや、いーよ、知らないままで、何も困ってねーよ。